藤沢版 掲載号:2012年1月20日号
  • googleplus
  • LINE

シンボルの杉 椅子に 神明工務店が六会小に寄贈

教育

「木の形がわかるよう作った」と北島代表
「木の形がわかるよう作った」と北島代表

 神明工務店(北島健晴代表・藤沢市鵠沼神明)は13日、六会小学校(海保大司校長)へヒマラヤ杉で作った椅子を2脚寄贈した。この椅子は昨年9月の台風15号の時に倒れた同校の杉から制作されたもの。樹齢70年以上の巨木は長年同校のシンボルとして児童だけでなく近隣住民にも親しまれてきた。

 同校の大森京子教諭が、以前から親交のあった北島代表に「倒れた木を何か形に残せないか」と相談を持ちかけたことがきっかけで椅子の制作が実現した。

 海保校長は「こんな立派な形で学校へ帰してくれてありがたい。杉が倒れてしまった時は在校生から卒業生まで本当に悲しんだ。6年生の卒業までに間に合って本当に良かった」と感謝した。

 椅子は今年3月まで同校の校舎内ホールに置かれる予定。
 

藤沢版のローカルニュース最新6件

藤沢版の関連リンク

あっとほーむデスク

藤沢版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

簡単体操で健康維持

藤沢市鍼灸・マッサージ師会

簡単体操で健康維持

3月4日に公開講座

3月4日~3月4日

藤沢版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年2月16日号

お問い合わせ

外部リンク