藤沢版 掲載号:2012年6月29日号
  • googleplus
  • LINE

藤沢翔陵簿記・計算部 20年連続の全国へ 電卓では団体初優勝

教育

全国での活躍も期待される
全国での活躍も期待される

 藤沢翔陵高校(篠原充校長)の簿記・計算研究部が6月に行われた2つの県大会で団体・個人ともに優勝、全国大会進出を決めた。

 3日に同校で行われた「第6回全国高等学校電卓競技大会神奈川県予選会」では、3人の合計点で競う団体総合競技で初優勝。個人総合競技でも部長を務める山口剛選手が優勝した。山口選手のほか、児島将之選手、園田紘斗選手、澤田勝吾選手が好成績をおさめ、7月31日に東京で行われる全国大会へ出場する。

 また、16日に横浜商業高校で開催された「神奈川県簿記コンクール」でも部員らが活躍、団体で4年連続の優勝をおさめ、20年連続で全国の切符を手にした。個人では山口選手が優勝した。上位に入賞した山口選手、児島選手、木村優太選手、澤田選手は7月22日に明海大学で実施される全国大会へ出場する。

 部長の山口選手は「みんなで優勝できて嬉しい。簿記と電卓で日程が近く大変だが、全国でも頑張りたい」と話した。
 

藤沢版のローカルニュース最新6件

藤沢版の関連リンク

あっとほーむデスク

藤沢版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

簡単体操で健康維持

藤沢市鍼灸・マッサージ師会

簡単体操で健康維持

3月4日に公開講座

3月4日~3月4日

藤沢版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年2月16日号

お問い合わせ

外部リンク