藤沢版 掲載号:2012年12月7日号
  • googleplus
  • LINE

力を合わせて防犯活動 地域と学生団体 初の試み

社会

住民と学生、警察が合同パトロールを行った
住民と学生、警察が合同パトロールを行った

 湘南台地区の防犯ボランティア団体「うちゅう家族まもり隊」と、多摩大学学生防犯パトロール隊「たまパト」の合同パトロールが11月30日、湘南台公園と湘南台駅周辺で行われた。神奈川県警察本部生活安全サポート班によると、藤沢市内の地域団体と学生団体が、合同で防犯活動を行うのは今回が初めてという。

 当日参加したのは、「まもり隊」と「たまパト」のボランティアや警察官など、約25人。参加者らは、湘南台公園に設置されている街頭緊急通報装置の使用訓練や、駅周辺などのパトロールを行った。

 今回の合同パトロールは、同サポート班が両団体に協力を呼びかけて行われたもの。県警本部の担当者は「メンバーの高齢化に悩む地域住民の団体が、学生に豊富な経験を伝える機会にもなる。互いに得るものは大きいと思う」と話した。
 

藤沢版のローカルニュース最新6件

藤沢版の関連リンク

あっとほーむデスク

藤沢版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

簡単体操で健康維持

藤沢市鍼灸・マッサージ師会

簡単体操で健康維持

3月4日に公開講座

3月4日~3月4日

藤沢版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年2月16日号

お問い合わせ

外部リンク