藤沢版 掲載号:2013年7月12日号
  • googleplus
  • LINE

全国目指し 強豪集う 山岳競技 ブロック大会

「ボルダリング」は、設定されたゴールポイントを目指して体ひとつで登る(写真提供=東京都山岳連盟)
「ボルダリング」は、設定されたゴールポイントを目指して体ひとつで登る(写真提供=東京都山岳連盟)
 山岳競技には、ロープを使って約12mのボードを登る「リード」と、約5mのボードに3本から5本設けられた既定のルートで、制限時間内の完登本数を競う「ボルダリング」の2種類の種目がある。全選手が両方の種目に参加し、チームの合計成績で順位が決められる。

 選手たちは成年女子、少年男子、少年女子の各種別に分かれ、それぞれ2から3チームの全国大会出場をかけて競い合う。

国内で30万人が競う

 山岳競技が国体の正式種目となったのは、1980年の第35回大会から。藤沢市山岳協会によると、当初は天然の岸壁を使った競技だったという。国体では約10年前から、世界的に主流となっていた「スポーツクライミング」形式に移行。

 スポーツクライミングは2020年五輪の新規種目候補にもなり、世界的に盛んなスポーツ。国内の競技人口は約30万人で、08年の「ボルダリングワールドカップ」では日本人の野口啓代選手が優勝するなど、日本は強豪国の一角だ。

 しかし今回の関東ブロック大会には、藤沢市出身の出場選手がいない。市内の競技活性化のため活動する、藤沢市山岳協会の東昭一会長は「観戦した人が興味を持って、競技を始めてくれれば。その中から国際的な名選手が現れたら理想的」と語った。

藤沢版のローカルニュース最新6件

藤沢版の関連リンク

あっとほーむデスク

藤沢版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

簡単体操で健康維持

藤沢市鍼灸・マッサージ師会

簡単体操で健康維持

3月4日に公開講座

3月4日~3月4日

藤沢版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年2月16日号

お問い合わせ

外部リンク