藤沢版 掲載号:2013年8月30日号
  • googleplus
  • LINE

かがり火に揺らぐ伝統美 第28回遊行寺薪能

厳かな雰囲気で能が披露された
厳かな雰囲気で能が披露された

 藤沢の夏の風物詩「遊行寺薪能」が8月22日、同寺境内で行われた。例年になく残暑厳しい日となったが、会場には1800人が足を運び満席となった。

 今年は、遊行寺僧たちによる、すすき念仏ではじまり、「俊成忠度(しゅんぜいただのり)(能)」、「附子(ぶす)(狂言)」、「殺生石(せっしょうせき)(能)」の3曲が披露された。

 「俊成忠度」は、平家物語から和歌で有名な平忠度を主人公にした阿修羅能。「殺生石」は、天竺・中国・日本と渡り世の中を乱してきた妖怪を主人公にしたもの。また、「附子」は、主人の留守に言いつけを守らず覗いてはいけない桶を覗いてしまう狂言。遊行寺本殿をバックに設置された舞台で静かに舞う姿が観客を魅了した。

 この薪能は1984年、三浦藤沢信用金庫と地元住民らが中心となり実行員会を発足、第1回目を開催したのが始まり。今では夏を彩る行事として市民に親しまれている。

「日本一の薪能」

 遊行寺の他阿真円(たあしんえん)上人は、「この薪能は日本一だと思う」と観客にあいさつ。「地域の人々の心のやすらぎのために、これだけの行事を続けるのはとても大変なこと」と同信金と実行委員会に感謝を伝えた。

 同信金の平松廣司理事長は「人と人との結びつきが大切。薪能はこれからもずっと続けていく」と話し、田中正明実行委員長は「繰り広げられる幻想的な絵巻を心行くまで楽しんでほしい」とあいさつした。
 

狂言の附子 桶を扇子で扇ぐ
狂言の附子 桶を扇子で扇ぐ

藤沢版のローカルニュース最新6件

藤沢版の関連リンク

あっとほーむデスク

藤沢版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

簡単体操で健康維持

藤沢市鍼灸・マッサージ師会

簡単体操で健康維持

3月4日に公開講座

3月4日~3月4日

藤沢版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年2月16日号

お問い合わせ

外部リンク