藤沢版 掲載号:2014年6月6日号
  • googleplus
  • LINE

非核協30周年記念大会 核廃絶・平和は地域から 岸田外相も出席

(左から)田上長崎市長、岸田外相、松井広島市長、鈴木藤沢市長によるトーク
(左から)田上長崎市長、岸田外相、松井広島市長、鈴木藤沢市長によるトーク
 日本非核宣言自治体協議会(田上富久会長)の設立30周年記念大会が6月2日に行われ、加盟自治体関係者や市民ら約400人が藤沢市民会館に集った。

 被爆地以外の都市では初めての開催となった今回の大会は、「連帯する自治体〜被爆地でない都市の役割と可能性〜」がテーマ。

 冒頭では書家の金澤翔子さんが舞台上で「感謝」の2文字を力強く揮毫。開催県を代表して黒岩祐治神奈川県知事もあいさつした。

 その後、トークセッションが行われ、鈴木恒夫藤沢市長、松井一實広島市長、田上富久長崎市長に加え、岸田文雄外務大臣も参加。 岸田外相は「世代、国境を越えて核の実相を伝えていかなければならない。そのためには、国民一人ひとりの理解が不可欠。オールジャパンで核廃絶に取り組むために自治体の役割は重要」と話した。

 また、松井広島市長は「核兵器は絶対悪であることを多くの人に伝えることは広島と長崎の願い。その他の自治体も日ごろから平和への機運を高めるような取り組みを」と訴えた。

 同協議会の副会長を務める鈴木藤沢市長も、被爆地ではない都市として行う平和への取り組み事例を紹介し、「広島や長崎と限りなく同じ気持ちで取り組みたい。非核協加盟自治体のつながりをこの大会を機により強固にしたい」と話した。

 進行役を務めた田上長崎市長は「核戦争の体験は共有できないが、『なくそう』という思いは共有できる。40周年を目指して、地域から平和を目指していきたい」とまとめた。

 このほか映画作家の大林宣彦さんが「ピース・フロム・藤沢」と題し、講演。広島市から非核協設立30周年記念樹木として藤沢市へ「被爆アオギリ2世」も贈られた。

善行中学校による平和学習発表も
善行中学校による平和学習発表も

藤沢駅1分!フリートパーキング

396台収容!スタッフ在駐・セキュリティ完備!通勤にピッタリ!詳しくはHPへ

http://www.fleetparking.jp/

好評!永代供養墓「博愛の絆」

綾瀬中央霊園の『新しいお墓のカタチ』が人気。問合せは0120-70-2504

http://www.hakuainokizuna.com/

大切なお墓が蘇る

お墓・玄関・庭石・タイルなど様々な石材を丁寧に洗浄します。

http://ohakasentai.com/oneeighty/

<PR>

藤沢版のローカルニュース最新6件

建築家が見る新旧の鵠沼

藤沢も春らんまん

「災害時に役立てて」

藤沢工科高

「災害時に役立てて」

3月30日号

西高生が児童と交流

遊ing

西高生が児童と交流

3月30日号

「湘南遺産」候補求む

児童館に木製ベンチ寄贈

藤沢南RC

児童館に木製ベンチ寄贈

3月30日号

(公社)神奈川県薬剤師会

ご活用下さい!あなたのかかりつけ薬局・薬剤師

https://www.kpa.or.jp/

<PR>

藤沢版の関連リンク

あっとほーむデスク

藤沢版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年3月30日号

お問い合わせ

外部リンク