藤沢版 掲載号:2015年9月11日号
  • googleplus
  • LINE

小さな文芸誌で文化振興 駒寄団地の松永さん発行

文化

「皆さんのために続けたい」と松永さん
「皆さんのために続けたい」と松永さん

 大庭の駒寄団地在住の松永幸作さん(82)が発行している小さな文芸誌「駒寄文芸・遊歩道」の第10号が、発刊された。

 冊子には、団地の住民らが寄稿する俳句や川柳、詩、写真、随筆などが掲載され、自由に作品を発表できる場として地域文芸の振興に一役買っている。

 7年前、同じ団地に住む仲間たちが趣味にしていた俳句や川柳などを一冊にまとめようと、寄稿者の寄付による自費出版で第1号を発刊。松永さんは「赤字だったけど、皆さん喜んでくれた」と振り返り、「上手い下手ではなく、それぞれの思いが詰まっているのが『遊歩道』の魅力」と笑顔で語る。

 冊子は寄稿者のみに配られるが、口づてに少しずつ魅力が広がり、号を重ねるごとに大阪や富山など他県からも作品が寄せられるほどになった。

 しかし、松永さん1人で行っている編集や校正の作業は夜遅くまでかかり、体調を崩すことも。82歳という年齢も考え「節目の10号が最後」と考えていたという。だが、郵送で送られてくる作品を読み、掲載を楽しみに家に届けてくれる熱心な寄稿者に会うと「思いを踏みにじることはできない」と感じるように。「辞めるなと励ましの声もいただいた。冊子がみなさんの生きる励ましにもなっていると感じた」と続けることを決意。11号の製作に取りかかっている。

 冊子に関する問い合わせは松永さん【携帯電話】090・5444・7860へ。
 

藤沢版のローカルニュース最新6件

藤沢版の関連リンク

あっとほーむデスク

藤沢版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

簡単体操で健康維持

藤沢市鍼灸・マッサージ師会

簡単体操で健康維持

3月4日に公開講座

3月4日~3月4日

藤沢版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年2月16日号

お問い合わせ

外部リンク