藤沢版 掲載号:2016年2月26日号 エリアトップへ

万人に伝わる『落窪物語』を 片瀬山の三潴さんが出版

文化

掲載号:2016年2月26日号

  • LINE
  • hatena
原書(左)と出版した『落窪物語』を手に笑顔の三潴さん
原書(左)と出版した『落窪物語』を手に笑顔の三潴さん

 片瀬山在住の三潴(みつま)信道さん(72)が、このほど単行本『小説 私編落窪物語』を出版した。四六版441ページで1800円(税別)。出版社は東京図書出版。

 少年時代、国語学者を夢見ていたという三潴さん。長年勤めた銀行を定年退職した後、祖父と父から譲り受けた『新釈日本文学叢書』を読み進めるうちに、平安文学で作者未詳の『落窪物語』に夢中になった。

日本版シンデレラ

 同作品は『源氏物語』よりも先立ち、「日本版シンデレラ」と称される継子物語。美しく心優しい娘が、継母やその娘にいじめられるものの、やがて貴公子に見初められて幸せになる展開は、西欧版と同様だが、『落窪』の方が800年も古く誕生している。

 「よくまとまっていて面白いのに、あまり知られていないのはもったいない。もっと読みやすくして世の中に知らしめたい」。三潴さんは2014年11月ごろから、古語辞書や『新潮日本古典集成』を片手に、現代文へ変換。原文と脚注とを見比べる手間を省いてスムーズに読めるよう、筋は変えずに脚注を本文に盛り込んだ。そのほか、展開にメリハリをつけるために全4巻を3巻に変更し、原文にはない各巻の名を付けた。

 また、物語後半の欠落している和歌の上の句や、古事記の「岩戸開き」になぞらえた会話などは、自分なりに解釈して創作。「枕詞や掛詞を踏まえて作った和歌や、古事記に伏線を持たせたシーンなどは、自分なりによくできたのではないかと思う」と微笑む。

 同書は、市内の有隣堂のほか、ネット書店で購入可。

藤沢版のローカルニュース最新6

災害時「住民取り残さない」

災害時「住民取り残さない」 社会

御所見地区で防災訓練

12月3日号

開催地の証、ピアノに込め

開催地の証、ピアノに込め 社会

藤沢青年会議所が市に寄贈

12月3日号

SDGs推進の旗手目指せ

SDGs推進の旗手目指せ 社会

松下政経塾で全4回講座

12月3日号

「でっかいの出てきた」

「でっかいの出てきた」 教育

グリーンLC 児童招き芋堀り

12月3日号

店頭でマルシェ

店頭でマルシェ 経済

無印良品「地域の賑わいに」

12月3日号

大根の収穫を体験

なかよしランド特別企画 青木幼稚園

大根の収穫を体験 教育

12月3日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 12月3日0:00更新

  • 11月26日0:00更新

  • 11月19日0:00更新

藤沢版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年12月3日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook