藤沢版 掲載号:2016年7月1日号
  • googleplus
  • LINE

藤沢海洋少年団 湘南港で着衣訓練 水難事故に備え

教育

助ける側と助けられる側両方を体験した
助ける側と助けられる側両方を体験した
 海のボーイスカウト「藤沢海洋少年団」(森清隆団長)が6月26日、海での水難事故に備えた着衣訓練を江の島湘南港内の海上で行った。

 この訓練は海での活動が多い団員が、身の安全確保や救助活動の手助けをできるようにするため、毎年行われているもの。ペットボトルやクーラーボックスが緊急時に浮き輪代わりとして役立つことや、溺水者を見つけたら大人を呼ぶか緊急通報番号の118番に連絡することを湘南海上保安署職員から教わった。

 子どもたちは救命胴衣を身に着けて浮いたまま救助を待つ訓練を行い、船上からロープ付きのペットボトルを投げ、ロープを手繰り寄せて救助する体験も行った。

 訓練に初めて参加した松本しずくちゃん(鵠洋小4年)は「海に入った時はビックリした。今日習ったことを忘れないようにしたい」と話した。

藤沢版のローカルニュース最新6件

藤沢版の関連リンク

あっとほーむデスク

藤沢版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

LGBTとスポーツ

LGBTとスポーツ

専門家が性的指向を解説

2月17日~2月17日

藤沢版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年2月9日号

お問い合わせ

外部リンク