藤沢版 掲載号:2017年2月24日号 エリアトップへ

スギ・ヒノキ 今春、花粉「やや少ない」 昨夏の多雨が原因か

社会

掲載号:2017年2月24日号

  • LINE
  • hatena

 神奈川県は花粉の飛散量を予測する上で根拠となる、スギとヒノキの雄花の着花量調査の結果をこのほど発表した。それによると、スギ、ヒノキともに今年春の花粉の飛散量は、多かった昨年春と比べると減少、例年よりもやや少なくなると予想している。

 県自然環境保全センター=厚木市=では、1997年度から毎年11月から12月に県内のスギ林で花粉を飛散させる雄花の着花量調査を実施している。今年度は30カ所のスギ林で各40本のスギを抽出し、双眼鏡などを用いて着花状況を判定。着花点数の合計値を本数で割った平均値を調査箇所ごとの着花点数としている。

 今回の調査結果は、着花点数の平均値は37・7点。この数字はやや多かった昨年度の50・6点を下回り、過去19年間の平均値である43・3点も下回った結果となった。同センターは「昨夏は多雨で日照時間が少なかったことが、花粉減少の要因として考えられる」と話した。

ヒノキ花粉の飛散予測も

 近年スギに加え、ヒノキの花粉も増えている。ヒノキは植栽された時期が新しく、雄花をつける樹齢に達する樹木が近年増えているからだ。

 同センターはこうした状況を踏まえ、2012年度からヒノキの雄花量の調査を実施。全国で初めてヒノキの雄花量による花粉飛散予測を行った。調査はスギ同様、県内40カ所のヒノキ林で実施した。

 それによると今年度の着花点数の平均値は34・1点。多かった昨年度の52・5点を大幅に下回り、調査を始めてから5年間の平均値43・9点も下回った。県央・湘南地域は、26・1点で、県内平均値よりも少なめ。

 同センターでは、花粉の発生源対策として、花粉の少ないスギ・ヒノキの品種の選抜と実用化を行うとともに、「無花粉スギ・ヒノキ」の開発も進めており、今春に約5千本の苗木を出荷する見込みとしている。
 

藤沢版のローカルニュース最新6

天高く舞え 相州藤澤凧

天高く舞え 相州藤澤凧 文化

伝統受け継ぐ保存会

1月22日号

キッチンカーが営業再開

本庁舎市民広場

キッチンカーが営業再開 経済

1月22日号

藤沢で結成、3人組バンド

藤沢で結成、3人組バンド 文化

タワレコが注目株で紹介

1月22日号

オンラインで児童絵画展

温暖化対策の啓発動画公開

温暖化対策の啓発動画公開 社会

松任谷さんが登場

1月22日号

山梨名産魚、魅力アップへ

【Web限定記事】元市議代表の創薬メーカー

山梨名産魚、魅力アップへ 社会

同県と共同研究

1月22日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 1月22日0:00更新

  • 1月15日0:00更新

  • 1月8日0:00更新

藤沢版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年1月22日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク