藤沢版 掲載号:2017年4月28日号
  • googleplus
  • LINE

景観と郷土愛醸成に一役 新たに10基へラッピング

社会

トランスボックスを囲むプロジェクトチームメンバー
トランスボックスを囲むプロジェクトチームメンバー

 「藤沢地区郷土づくり推進会議」は、商工会館ミナパーク前の通りに設置されている変圧器「トランスボックス」10基に、写真のラッピングを行った。装飾したのは、藤沢駅周辺にある神社仏閣を中心に、以前の藤沢公民館や市役所、祭りや商店街などの白黒写真。

車道側と歩道側には、それぞれ異なる写真を掲示した。

 この取り組みは、2012年からスタート。落書きを防止して景観向上に繋げるほか、市民がラッピングを目にすることで街の歴史的魅力を知り、郷土愛を育むことなどを目的としている。藤沢橋から白旗交差点を皮切りに、これまで78基へのラッピングを行っており、今回で88基が装飾された。

 また、このラッピングは、地域活性化策として同会議メンバーによるガイドツアーに活用。地元中学生の自由研究発表の題材にも選ばれている。全国的にも先進的なもので、他都市からの視察もあるという。

 同会議プロジェクトチームは、「この近辺は新たな住民も多い。このラッピングを見に街へ出かけ、藤沢をもっと好きになってほしい」と願いを込めた。
 

藤沢版のローカルニュース最新6件

藤沢版の関連リンク

あっとほーむデスク

藤沢版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年8月17日号

お問い合わせ

外部リンク