藤沢版 掲載号:2017年10月27日号
  • LINE
  • hatena

自転車で米国横断5700Km 73歳の市川さんが走破

スポーツ

どこまでも続く一本道に立つ市川さん
どこまでも続く一本道に立つ市川さん
 学生時代に夢見た自転車で米国横断に挑戦していた、善行在住の市川榮一さん(73)が、シアトルからマンハッタンまで5700Kmを走破した。走行ルートを4区間に分け、それぞれ2週間ずつ渡米しながら、1年半かけて成功した。「苦労したが、走りきることができた。自分をほめてあげたい」と喜んでいる。

 学生だった21歳の時に、初めて自転車で日本橋から四国、九州を回る旅に出た。達成感に充ち、挑戦することへの大切さを感じる経験となったという。海外の文化への興味もあり「いつかアメリカの広い大地を自転車で走ってみたい」と夢見るようになり、仕事をリタイアした一昨年、「人生は一度きり」と念願の米国への挑戦を決意した。

 米国横断は、昨年5月にシカゴをスタートし、ニューヨークのマンハッタンまでの1600Kmを皮切りに、2度の渡米で西側シアトルからサウスダコタのスーフォールズまで2700Kmを走破。今年9月に最終区間1400Kmに挑み、走り切った。挑戦は、知人の伊藤亮さん、安田康二さん、石毛智也さん、関根弘己さんとともに達成した。

 道中は、毎日朝7時から10時間ほど自転車をこぎ続け、1日最高で200Kmを移動。高齢の日本人の挑戦が珍しがられ、現地の人々から食事や宿を提供されたこともあった。現地の新聞社から取材も受けた。

 市川さんは「本当にやさしくしてもらい感謝しかない。大変なチャレンジだったが、強い意志で何とか乗り越えられた。同世代に、年をとっても出来ないことはないとメッセージを送りたい」と話した。

<PR>

藤沢版のローカルニュース最新6件

TOTO藤沢グランドオープン

TOTO藤沢ショールームが新築移転。12月1日から7日までオープニングフェア

https://showroom.toto.jp/

<PR>

藤沢版の関連リンク

あっとほーむデスク

  • 11月30日0:00更新

  • 11月23日0:00更新

  • 11月16日0:00更新

藤沢版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

絵本の音読楽しもう

絵本の音読楽しもう

白旗の有隣堂で

12月13日~12月13日

藤沢版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

藤沢版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年11月30日号

お問い合わせ

外部リンク