藤沢版 掲載号:2017年12月22日号
  • LINE
  • hatena

民生委員100周年で記念碑 新庁舎そばで除幕式

社会

除幕式に臨んだ浅野会長(左)と鈴木市長(右から3人目)ら
除幕式に臨んだ浅野会長(左)と鈴木市長(右から3人目)ら
 地域の福祉を支える民生委員制度の創設100周年を記念し、藤沢市民生委員児童委員協議会は12月16日、市役所新庁舎の北側通路付近に建立した記念碑の除幕式を行った。

 同会の浅野朝子会長をはじめ、鈴木恒夫藤沢市長、市内各地区の民生委員の代表者らが出席。浅野会長らが除幕し、記念碑をお披露目した。

 浅野会長は「記念碑の表面には『困っている人たちの足元を照らそう』との願いを込め、『小さな燈りをかかげて』の文字が刻まれている。100年続いた民生委員の伝統を、次の世代にも続けていくことを祈念して建立した」と話した。鈴木市長は「次は200年に向け、新たな一歩を踏み出してほしい」と語った。

 また記念植樹として、近隣の大道小学校の児童を招き、ユズリハの木を植えたほか、出席者が参加して玉串奉奠などの神事も行われた。

始まりは御所見地区

 民生委員制度は1917年、岡山県で発足した「済世顧問制度」に端を発する。市の民生委員は、市が誕生する前の36年、御所見地区に「方面委員」が6人設置されたことが始まり。その後、民生委員と改称され、現在の市域が確定した55年には市民生委員会協議会が発足した。現在は市内16地区に約500人が活動しており、多くの生活困窮者らの相談に乗っている。

<PR>

藤沢版のローカルニュース最新6件

TOTO藤沢グランドオープン

TOTO藤沢ショールームが新築移転。12月1日から7日までオープニングフェア

https://showroom.toto.jp/

<PR>

藤沢版の関連リンク

あっとほーむデスク

  • 11月30日0:00更新

  • 11月23日0:00更新

  • 11月16日0:00更新

藤沢版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

絵本の音読楽しもう

絵本の音読楽しもう

白旗の有隣堂で

12月13日~12月13日

藤沢版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

藤沢版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年11月30日号

お問い合わせ

外部リンク