藤沢版 掲載号:2018年2月9日号
  • googleplus
  • LINE

小学生女子にサッカー教室 現役選手を迎え指導

スポーツ

レクチャーを受ける子どもたち
レクチャーを受ける子どもたち
 「女子小学生サッカー教室」が1月27日、大庭小学校で行われた。主催は藤沢市サッカー協会女子委員会。この教室は女子サッカーの普及と発展を目的に毎年行われている。

 ワールドカップやオリンピックで活躍する選手も輩出する女子サッカーチーム「大和シルフィード」の現役選手が講師となり、市内の女子サッカーチームの湘南辻堂なでしこや大庭レディースなどに所属する小学1年生から6年生まで約80人を指導した。児童は3チームに分かれ、ボールの蹴り方やドリブルなどの基本動作を選手の見本を見ながら練習。その後、4つのチームを作り、ミニゲームを楽しんだ。保護者やチームの監督、コーチが応援する中、子どもたちは2時間ほど汗を流した。

 教室が始まったのは30年ほど前、女子サッカーチームを作ろうと思ったのがきっかけだという。小糸小や大庭小、駒寄小を回り、入団を呼びかけ、興味を持つきっかけ作りに同教室が開かれるようになった。

 大庭レディース代表の秋元けさ子さんは「サッカーの楽しさを女の子に知ってほしい。サッカーを通じて継続する大切さを学んでほしい」と話した。

藤沢版のローカルニュース最新6件

藤沢版の関連リンク

あっとほーむデスク

藤沢版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年8月17日号

お問い合わせ

外部リンク