藤沢版 掲載号:2018年2月16日号 エリアトップへ

平和の象徴、次世代に 被爆アオギリ2世を植樹

社会

掲載号:2018年2月16日号

  • LINE
  • hatena
苗木に土をかける鈴木藤沢市長、田上長崎市長(左から2番目)ら
苗木に土をかける鈴木藤沢市長、田上長崎市長(左から2番目)ら

 藤沢市役所本庁舎の敷地内に2月10日、戦時中、広島で原爆に焼かれながらも再生した「被爆アオギリ」2世が植樹された。同日、植樹式が開かれ、市関係者らや子どもたちが土をかぶせながら、非核や平和への願いを込めた。

 苗木は、2014年に日本非核宣言自治体協議会設立30周年記念大会が藤沢で開催されたことを記念し、市に寄贈されたもの。式典には、鈴木恒夫市長や同協議会会長の田上富久長崎市長らが出席。姉妹都市交流で訪問中だったウィンザー市(カナダ)のドゥリュー・ディルケンズ市長も参加した。鈴木市長は「すくすくと育つよう見守ってもらいたい。平和の輪が広がる機会になれば」とあいさつ。田上市長は「時代が変わり被爆体験者が少なくなる中で、平和のメッセージを次代の子どもたちに伝えてくれると思う」と話した。

 この日は「平和の輪をひろげるつどい」と銘打ち、田上市長による平和講演や映画「アオギリにたくして」の上映も行われた。

藤沢版のローカルニュース最新6

湘南台アートスクエア着工

湘南台アートスクエア着工 社会

来年3月に供用開始

10月22日号

社労士が無料相談

労災や保険、年金など

社労士が無料相談 社会

10月22日号

道の写真を再募集

道の写真を再募集 社会

緊急事態宣言解除受け

10月22日号

ラッピングバスでPR

国際RC2780地区

ラッピングバスでPR 社会

ポリオ根絶へ啓発活動

10月22日号

火災予防、ポスターで

火災予防、ポスターで 教育

11月運動週間に展示も

10月22日号

中世の江の島

文書館資料展

中世の江の島 文化

10月22日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 10月22日0:00更新

  • 10月15日0:00更新

  • 10月8日0:00更新

藤沢版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

藤沢版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年10月22日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook