藤沢版 掲載号:2018年2月16日号
  • googleplus
  • LINE

雪辱果たし4位入賞 かながわ駅伝で藤沢市

スポーツ

2区を走る三宅雅大選手(=秦野市内)
2区を走る三宅雅大選手(=秦野市内)
 県内30市町を代表するランナーがたすきを繋ぐ「第72回かながわ駅伝競走大会」(県教委など主催)が2月11日に開催され、藤沢市は2時間40分45秒のタイムで4位に入賞した。目標の3位以内には一歩届かなかったものの、チーム一丸の走りで入賞を逃した昨年の雪辱を果たした。

 コースは秦野市カルチャーパークを出発し、県立相模湖公園までの7区間51・5Km。ニューイヤー駅伝を走った大谷卓也選手(プレス工業)、槻澤翔選手(警視庁)、箱根駅伝出場の藤江千紘選手(国士舘大)を擁した藤沢市。1区を7位で繋ぐと2区以降、徐々に順位を上げた。6区と最終7区では、槻澤・藤江両選手が区間2位の力走をみせ、総合4位でフィニッシュ。監督の田中良範さんは「競技人口が多い自治体を相手にどう競り勝つかが課題だが、同規模の横須賀市が結果を出した。来年は優勝を目指したい」と話した。

 優勝は初Vの横須賀市、2位は横浜市、3位は川崎市と続いた。

<PR>

藤沢版のローカルニュース最新6件

藤沢版の関連リンク

あっとほーむデスク

藤沢版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

ママ起業家秋のまつり

ママ起業家秋のまつり

さいか屋でイベント

9月22日~9月24日

藤沢版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年9月21日号

お問い合わせ

外部リンク