藤沢版 掲載号:2018年7月27日号
  • LINE
  • hatena

(PR)

お盆 新と旧 お墓参りの意味は?

葬儀の無料事前相談随時受付中です
葬儀の無料事前相談随時受付中です

 記者―お盆と言えば、お墓参りを連想します。湘南地区では旧盆の8月に営むようですが、なぜ、地域で違うのか。メモリアルホール「美空」を運営する、(株)平和堂典礼の代表に聞いてみましょう。

 代表―はじめに、8月のお盆を「月遅れのお盆」としておきましょう。お盆は月遅れの8月に行う地域、新暦の7月に行う地域、沖縄のように旧暦の7月に行う地域があります(旧暦通りに行うと、毎年日にちが違いますし、9月になってしまう事もあります)。他に8月1日の地域もあります。

 さて、新暦とは現在世界で採用されているグレゴリオ暦の事です。1年を365日(400年に97回の閏年)で計算します。日本の旧暦は天保暦で正しくは天保壬寅元暦(テンポウジンインゲンレキ)と言います。日本最後の太陰太陽暦で、1844年から1872(明治5)年12月2日まで用いられ、翌日が新暦の明治6年1月1日になったのです。

 7月のお盆は、新暦のお盆。8月のお盆は新暦の月遅れのお盆。旧暦のお盆は沖縄などで行う旧暦に合わせたお盆。沖縄では清明祭なども旧暦で行います。つまり旧盆になるのですね。しかし、現在では、新暦の月遅れの毎年8月13日から16日までのお盆を旧盆と言うようになりました。つまり、お盆は旧暦の7月15日に行われてきたが旧暦が廃止され統一されなかったので、地方で異なると言う事でしょう。

 さて、お盆中のお墓参りですが、家族全員で行きたいものですね。中には、ご先祖様はお盆中には家にいるから、お墓参りに意味はないと言う声を聴きますが、それは俗説ですね。お墓とは悟りを具体化したものと言われ、仏そのものになります。そのため、お参りすることは仏を礼拝していることになりますから、ぜひ、お墓参りに行きましょう。

 記者―旧盆と思っていたお盆が月遅れの新盆。なるほどです。メモリアルホール「美空」では、随時、葬儀事前相談を受け付けている。スタッフは女性相談員なので、とても話しやすい。葬儀後の仏事も非常に詳しく、葬儀後も安心だ。又、葬儀を出された方1回限定で仏壇仏具が最大で6割引きで購入できる特典もある。心配がある方は、是非相談をしてもらいたい。安心する事うけあいである。

■(株)平和堂典礼【フリーダイヤル】0120・59・6999

㈱平和堂典礼

藤沢市辻堂神台Ⅱ-2-41

TEL:0120-59-6999

http://www.heiwadou.com

好評!永代供養墓「博愛の絆」

綾瀬中央霊園の『新しいお墓のカタチ』が人気。問合せは0120-70-2504

http://www.hakuainokizuna.com/

<PR>

藤沢版のピックアップ(PR)最新6件

藤沢版の関連リンク

あっとほーむデスク

  • 4月26日0:00更新

  • 4月19日0:00更新

  • 4月12日0:00更新

藤沢版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2019年4月26日号

お問い合わせ

外部リンク