藤沢版 掲載号:2018年7月27日号
  • LINE
  • hatena

市民病院で竣工式 医療関係者ら200人が参加

社会

エントランスホールで行われた定礎板の除幕式
エントランスホールで行われた定礎板の除幕式

 老朽化による再整備工事が進んでいた藤沢市民病院が完成し、竣工式が7月21日に行われた。市民病院は、運営を継続しながら同一敷地内に新たな病棟を建設する計画としたため、工事が難航し7年がかりで竣工した。

 竣工式には、鈴木恒夫市長をはじめ、地元の議員や医療関係者ら約200人が出席。テープカットや定礎板の除幕式が行われたほか、設計施工者に感謝状が手渡された。

 あいさつに立った鈴木市長は「待ちに待った完成。より質の高い医療の提供と災害時の拠点病院として期待している」と話した。また、常田康夫病院長は「規模が大きくなっても、心のこもった安心できる医療の提供という思いは変わらない。患者サービスのさらなる充実も目指したい」と語った。

好評!永代供養墓「博愛の絆」

綾瀬中央霊園の『新しいお墓のカタチ』が人気。問合せは0120-70-2504

http://www.hakuainokizuna.com/

<PR>

藤沢版のローカルニュース最新6件

藤沢版の関連リンク

あっとほーむデスク

  • 4月26日0:00更新

  • 4月19日0:00更新

  • 4月12日0:00更新

藤沢版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2019年4月26日号

お問い合わせ

外部リンク