藤沢版 掲載号:2018年9月14日号
  • googleplus
  • LINE

やすらぎ落語塾 「笑いで同世代に元気を」

社会

メンバーに落語を披露する辻亭小町さん(写真上=9日、稲荷のやすらぎ荘)
メンバーに落語を披露する辻亭小町さん(写真上=9日、稲荷のやすらぎ荘)

 稲荷の高齢者福祉施設「やすらぎ荘」を拠点に活動する落語サークル「やすらぎ落語塾」が10月6日(土)、同施設の祭りで寄席を開く。古典や創作、色物では南京玉簾からマジックまで。同世代の高齢者らに元気を届けようと、本番を前にメンバーらの練習も熱を帯びている。

”素人噺家”らが来月寄席

「おいらも商売がうまいね。幽霊さんよ、お前さんも一杯やっとくれ」

9日、施設の一室では落語塾の辻亭小町さんがメンバーに落語を披露していた。演目は「酔っぱらった幽霊」。民話をもとに辻亭さんが落語にアレンジした。

 メンバーは60〜80代の15人。毎月の定例会や出前落語の開催など2016年1月から定期的に活動を続けている。

 特徴は、落語を聴くのではなく、自らが演じること。メンバーのほとんどはサークルに入って初めて高座にあがる。各自が寄席に足を運びプロの所作を学んだり、インターネットの動画を参考にしたり。メンバー間でアドバイスすることもあるが、基本的には独学だ。

 指導役の「師匠」を務めるあや志家つか丸さんは「学生落語などと比べればテクニックは劣るかもしれないが、皆人生経験を積んでいるから、落語に『味』が出る」と話す。

 自分たちもお客と同じ高齢者。新しいこと一つを覚えるのにも時間がかかるし、緊張もする。それでも「お客さんに喜んでもらえるのはうれしいですよね」とメンバーの一人は笑顔をのぞかせる。

 真剣に、でも和気あいあいと。落語塾は一線を退いたメンバーらの第二の生きがいでもある。「落語には人生を楽しく生きるヒントがたくさんある」。そんな楽しさを、寄席でも伝えていくつもりだ。

  ◇  ◇  ◇

 塾生による「第8回やすらぎ寄席」は「やすらぎ祭」会場内で午前10時30分から。入場無料。
 

<PR>

藤沢版のローカルニュース最新6件

藤沢版の関連リンク

あっとほーむデスク

藤沢版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

ママ起業家秋のまつり

ママ起業家秋のまつり

さいか屋でイベント

9月22日~9月24日

藤沢版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年9月21日号

お問い合わせ

外部リンク