藤沢版 掲載号:2018年9月14日号
  • LINE
  • hatena

やすらぎ落語塾 「笑いで同世代に元気を」

社会

メンバーに落語を披露する辻亭小町さん(写真上=9日、稲荷のやすらぎ荘)
メンバーに落語を披露する辻亭小町さん(写真上=9日、稲荷のやすらぎ荘)

 稲荷の高齢者福祉施設「やすらぎ荘」を拠点に活動する落語サークル「やすらぎ落語塾」が10月6日(土)、同施設の祭りで寄席を開く。古典や創作、色物では南京玉簾からマジックまで。同世代の高齢者らに元気を届けようと、本番を前にメンバーらの練習も熱を帯びている。

”素人噺家”らが来月寄席

「おいらも商売がうまいね。幽霊さんよ、お前さんも一杯やっとくれ」

9日、施設の一室では落語塾の辻亭小町さんがメンバーに落語を披露していた。演目は「酔っぱらった幽霊」。民話をもとに辻亭さんが落語にアレンジした。

 メンバーは60〜80代の15人。毎月の定例会や出前落語の開催など2016年1月から定期的に活動を続けている。

 特徴は、落語を聴くのではなく、自らが演じること。メンバーのほとんどはサークルに入って初めて高座にあがる。各自が寄席に足を運びプロの所作を学んだり、インターネットの動画を参考にしたり。メンバー間でアドバイスすることもあるが、基本的には独学だ。

 指導役の「師匠」を務めるあや志家つか丸さんは「学生落語などと比べればテクニックは劣るかもしれないが、皆人生経験を積んでいるから、落語に『味』が出る」と話す。

 自分たちもお客と同じ高齢者。新しいこと一つを覚えるのにも時間がかかるし、緊張もする。それでも「お客さんに喜んでもらえるのはうれしいですよね」とメンバーの一人は笑顔をのぞかせる。

 真剣に、でも和気あいあいと。落語塾は一線を退いたメンバーらの第二の生きがいでもある。「落語には人生を楽しく生きるヒントがたくさんある」。そんな楽しさを、寄席でも伝えていくつもりだ。

  ◇  ◇  ◇

 塾生による「第8回やすらぎ寄席」は「やすらぎ祭」会場内で午前10時30分から。入場無料。
 

熊本馬刺しと純米酒 櫻

熊本県から仕入れた本格的な馬刺しをご賞味ください

https://sakura-fujisawa.gorp.jp/

<PR>

藤沢版のローカルニュース最新6件

60周年公演へ練習に熱

藤沢市交響楽団

60周年公演へ練習に熱

2月15日号

「海難事故防止」呼びかけ

若手主体で9位

若手主体で9位

2月15日号

金融知力携え、いざ全国へ

湘南高 曵地さん・藤田さん

金融知力携え、いざ全国へ

2月15日号

岸氏、黒岩氏が出馬表明

県知事選

岸氏、黒岩氏が出馬表明

2月15日号

運動の大切さ伝え

無料葬儀式場

C-Xメモリアルホール美空

http://www.heiwadou.com

(公社)神奈川県薬剤師会

2/15(金)「くすりと健康相談薬局」県下一斉相談日。認定薬局はHPで。

https://www.kpa.or.jp/for-all/002-activity/21511/

<PR>

藤沢版の関連リンク

あっとほーむデスク

  • 2月15日0:00更新

  • 2月8日0:00更新

  • 2月1日0:00更新

藤沢版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

高齢者の栄養を考える

高齢者の栄養を考える

3月3日に公開講座

3月3日~3月3日

藤沢版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2019年2月15日号

お問い合わせ

外部リンク