藤沢版 掲載号:2018年9月14日号
  • googleplus
  • LINE

自動運転バスを試験走行 江の島周辺の公道で

経済

自動運転中は運転手がハンドルに手を触れないで走行
自動運転中は運転手がハンドルに手を触れないで走行
 県内では初となる公道での自動運転バスの実証実験が6日、江の島で始まった。小田急電鉄(東京都)と小田急グループの江ノ島電鉄(藤沢市)、県が連携。同日、出発式が行われ、関係者らが乗り心地などを体験した。

 実施区間は島内に臨時設置された「小田急ヨットクラブ」から江の島大橋を渡り、「江ノ島海岸バス停」までの約1Km。8人乗りの小型バスが衛星利用測位システム(GPS)を利用し、最高時速30キロで走る。

 自動運転の技術レベルには5段階あり、今回実施したのは「レベル3」。発進や路上駐車の回避などは運転手が操作したが、それ以外の走行や停車はシステムが担った。

 初日は黒岩祐治県知事や鈴木恒夫藤沢市長らが試乗。黒岩知事は「大変スムーズ。2020年の東京五輪には運転手が乗車しない『レベル4』を目指したい」と述べた。

 実験はセーリングワールドカップ(W杯)シリーズ江の島大会に合わせ、16日まで一般公募のモニター約450人の体験乗車が予定されている。

藤沢版のローカルニュース最新6件

藤沢版の関連リンク

あっとほーむデスク

藤沢版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

ママ起業家秋のまつり

ママ起業家秋のまつり

さいか屋でイベント

9月22日~9月24日

藤沢版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年9月14日号

お問い合わせ

外部リンク