藤沢版 掲載号:2018年9月28日号 エリアトップへ

片足でサッカー「世界の頂へ」 市内在住、遠藤好彦さん

スポーツ

掲載号:2018年9月28日号

  • LINE
  • hatena
「クラッチ」と呼ばれる杖を使ってフィールドを駆け回る
「クラッチ」と呼ばれる杖を使ってフィールドを駆け回る

 藤沢市内在住の薬剤師、遠藤好彦さん(39)が10月23日からメキシコで開幕する「アンプティサッカーワールドカップ(W杯)」に日本代表選手として初出場する。

 アンプティサッカーは米国発祥の障害者スポーツ。1980年代、ベトナム戦争の負傷兵のリハビリとして考案され、その後各国に広まった。

 1チーム7人制で、フィールドプレーヤーは下肢、ゴールキーパーは上肢切断者が務める。クラッチと呼ばれる杖を使って試合を展開するのが特徴で、医療用の杖を両腕につけ、体重を支えながらボールを追いかける。

事故で人生のどん底に

 遠藤さんは小学生からサッカーに親しんできたが、大学1年のとき、自宅近くでバイク事故に遭い、やむなく右脚を切断することに。「もう終わったと思った。サッカーをしたり、バイクにも乗れないと知りショックだった」と振り返る。まずは復学するため、車いすバスケや水泳などスポーツのリハビリに懸命に取り組んだ。だが、ボールを蹴る動作では杖が滑ってしまい、どうしても転倒を繰り返してしまう。「もうサッカーはできない」。身を切る思いで競技から退いた。

 大学卒業後、薬剤師として仕事を始め、35歳の時、妻がアンプティサッカーの体験会に応募。当初は気が進まなかったが、思い切って参加した。いざ体験してみると「クラッチを使って走ったり、ボールを蹴るのが楽しくて」。何より、またサッカーがプレーできる喜びが背中を押した。その後クラブチームに入団。試合でMVPを獲得するなど結果を残し、ついにW杯の切符をつかみ取った。

 大会を前に遠藤さんは「薬剤師の知識を生かして体調管理し、万全の状態で試合に挑みたい」と意気込んだ。

W杯に臨む遠藤さん
W杯に臨む遠藤さん

藤沢版のローカルニュース最新6

山本昌さん野球殿堂入り

日大藤沢出身

山本昌さん野球殿堂入り スポーツ

発表翌日には母校訪問

1月28日号

見回りにごみ拾いもプラス

鵠沼おやじパトロール隊

見回りにごみ拾いもプラス 社会

1月28日号

書と盆栽で公民館に彩り

書と盆栽で公民館に彩り 社会

御所見で2月4日まで

1月28日号

湘南国際マラソンが中止

湘南国際マラソンが中止 スポーツ

実行委「2年連続残念」

1月28日号

女性の活躍と社会考える

女性の活躍と社会考える 社会

2市1町連携オンライン講座

1月28日号

駅前のシンボルに

駅前のシンボルに 社会

排気塔のデザイン刷新

1月28日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 1月28日0:00更新

  • 1月21日0:00更新

  • 1月14日0:00更新

藤沢版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2022年1月28日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook