藤沢版 掲載号:2018年10月26日号 エリアトップへ

「おいしいお米になったかな」

文化

掲載号:2018年10月26日号

  • LINE
  • hatena
一生懸命、稲を刈る児童(=11日、稲荷)
一生懸命、稲を刈る児童(=11日、稲荷)

 地元の子どもたちに食について考えてもらおうと、有志団体「こめこめクラブ」が主催する稲刈りが10月11日、稲荷の田んぼで行われた。藤沢小や本町小の児童、第一中学校の生徒ら約600人が参加した。

 同クラブから「鎌は全体を使って、稲の束はしっかりつかんで」と指導を受けた後、稲刈りを開始。慣れない鎌に最初は四苦八苦しながらも、次第にコツをつかみ、稲を刈っていった。

 同クラブの小野隆弘会長は「稲の香りを感じて、自分の手で刈り取る楽しさを知ってほしい。食べ物の大切さを学んでもらえたら」と話した。

好評!永代供養墓「博愛の絆」

綾瀬中央霊園の『新しいお墓のカタチ』が人気。問合せは0120-70-2504

http://www.hakuainokizuna.com/

<PR>

藤沢版のローカルニュース最新6

新ピンクリボン号出発

地元不動産会社県から感謝状

地元不動産会社県から感謝状 社会

医療用物資寄贈に対し

10月23日号

まるで石畳

まるで石畳 社会

道路も宿場町風

10月23日号

医療従事者に100万円寄付

医療従事者に100万円寄付 社会

櫻井興業など2社

10月23日号

手作り避難場所が完成

手作り避難場所が完成 社会

辻堂太平台 産官民が連携

10月23日号

市庁舎でロボットが問診

市庁舎でロボットが問診 社会

コロナ禍対策で実証実験

10月23日号

宅地分譲及び定期借地権付き分譲

【湘南ライフタウン】遠藤永山地区・大庭小糸地区・大庭小ヶ谷地区

https://www.fujisawa-kaikeiko.com/

<PR>

あっとほーむデスク

  • 10月16日0:00更新

  • 10月9日0:00更新

  • 10月2日0:00更新

藤沢版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年10月23日号

お問い合わせ

外部リンク