藤沢版 掲載号:2020年5月22日号 エリアトップへ

外出自粛、直売所に客足増 市北部 口コミで広がる

社会

掲載号:2020年5月22日号

  • LINE
  • hatena
地元の農家が野菜などを持ち寄り、玄関が簡易の直売所となる(=5月19日撮影)
地元の農家が野菜などを持ち寄り、玄関が簡易の直売所となる(=5月19日撮影)

 新型コロナウイルスの影響で、外食を控え自宅で過ごす生活が続いている。そんな中、市北部の御所見地区では、地元の農家による農産物直売所「ごしょみーな」の利用者が増加。最近では品物が売り切れる日が続いている。

 直売所は、市民センターに加え、今年1月14

日からJAさがみ総合経済センター(打戻)の玄関で週2回の開催を始めた。オープン当初は周知が足りず、直売所の存在を知らない住民も多かったが、外出自粛の影響からか3月に入り、口コミで広がり客数は倍増しているという。

 同地区には、商店街の青果店や肉店などがなく、さらに昨年末に大型スーパーも閉店。周辺住民、特に高齢者にとっては食料品の買い物が困難なことが課題となっている。直売所を運営する出荷組合の安藤昇組合長は「利用者の大半は高齢者で、徒歩で訪れる人が多い。少しでも役に立てれば」と期待する。

 直売所は朝9時に出荷者が集まり、玄関前に商品を並べ始める。5月19日の直売会は、あいにくの雨で建物入口で開かれたが、開店から利用者が多く訪れていた。

 用田から来た80代の女性は「周辺に店が無く、車が無いので買い物はタクシーで出かけることもある。この直売場は歩いてこれるので便利。ないと困る」と話していた。

宅地分譲及び定期借地権付き分譲

【湘南ライフタウン】遠藤永山地区・大庭小糸地区・大庭小ヶ谷地区

https://www.fujisawa-kaikeiko.com/

<PR>

藤沢版のローカルニュース最新6

1万のろうそく夜彩る

1万のろうそく夜彩る 社会

17日から江の島で

10月16日号

棚田の実りに感謝

棚田の実りに感謝 文化

石川丸山谷戸で脱穀作業

10月16日号

展示品は手作りトラック

展示品は手作りトラック 教育

いすゞと遠藤公民館コラボ

10月16日号

藤沢小麦の細うどん発売

藤沢小麦の細うどん発売 社会

葛原地粉の会が商品化

10月16日号

「湘南台から元気を届けたい」

「湘南台から元気を届けたい」 経済

湘南台商連 GoTo採択目指す

10月16日号

藤沢勢3チームが県へ

藤沢勢3チームが県へ スポーツ

ミニバス湘南地区代表で

10月16日号

無料葬儀式場

サービスはそのままに式場の完全無料化実施中です

https://heiwadou.com/

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 10月16日0:00更新

  • 10月9日0:00更新

  • 10月2日0:00更新

藤沢版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

藤沢版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年10月16日号

お問い合わせ

外部リンク