藤沢版 掲載号:2021年7月2日号 エリアトップへ

「ごみ分別で減量に協力を」 市が可燃・不燃分析調査

社会

掲載号:2021年7月2日号

  • LINE
  • hatena

 市は6月、市内で回収した可燃ごみと不燃ごみの分析調査を行った。適切な分別回収を推進し、ごみの減量や資源の活用などを図るため、年2回実施している。

 調査は1地区約120世帯分を抽出し実施。今回は可燃ごみ97袋約310・4kg、不燃ごみ65袋約183・9kgを分析。ごみ袋の中身を手作業で再仕分けし、成分ごとに重量比などを調査した。

 市環境総務課は回収量について「1人あたりの排出量はゆるやかに減っているが、人口増にある中で全体量減には至っていない」と話す。

 分別は「2007年の戸別収集以来、可燃不燃とも優秀」と説明。ごみ中の資源物の重量比は、可燃が9・86%、不燃が5・6%だった。一方で「可燃ごみは資源となる雑紙が依然多い」と分別回収を呼びかける。

 また、未開封のまま賞味期限切れを迎えてしまうなどの食品ロスは「認知度が高まり、量は減ってきている」と分析した。
 

藤沢版のローカルニュース最新6

災害時「住民取り残さない」

災害時「住民取り残さない」 社会

御所見地区で防災訓練

12月3日号

開催地の証、ピアノに込め

開催地の証、ピアノに込め 社会

藤沢青年会議所が市に寄贈

12月3日号

SDGs推進の旗手目指せ

SDGs推進の旗手目指せ 社会

松下政経塾で全4回講座

12月3日号

「でっかいの出てきた」

「でっかいの出てきた」 教育

グリーンLC 児童招き芋堀り

12月3日号

店頭でマルシェ

店頭でマルシェ 経済

無印良品「地域の賑わいに」

12月3日号

大根の収穫を体験

なかよしランド特別企画 青木幼稚園

大根の収穫を体験 教育

12月3日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 12月3日0:00更新

  • 11月26日0:00更新

  • 11月19日0:00更新

藤沢版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年12月3日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook