藤沢版 掲載号:2021年7月9日号 エリアトップへ

「パラの聖地に」期待集まる 県立スポーツセンター(善行)

スポーツ

掲載号:2021年7月9日号

  • LINE
  • hatena
障害者も利用できるボルダリング壁を紹介する大塚所長
障害者も利用できるボルダリング壁を紹介する大塚所長

 東京五輪・パラリンピックに際し、善行の県立スポーツセンターで事前キャンプが実施される。8月から利用を予定しているのがポルトガルパラチーム。同チームがキャンプ地の決め手にしたという「優れたパラ競技環境」を取材しに同センターに足を運んだ。

 同センターは、総工費約132億円、約4年をかけ旧体育センターを改修し、2020年4月に完成した。

 敷地の広さは約14万平方メートル。観客席5200人分を備えた陸上競技場、常設リングの設置されたボクシング練習場などを備えるアリーナなどがある。今回の事前キャンプ誘致も視野に、宿泊棟も新設された。

 特に力を入れたのが、パラスポーツ環境の充実化だ。宿泊棟も含め、全館バリアフリー化。車いす利用を想定し、各部屋の段差をなくし、通路も広く取ったほか、トイレなどの案内表示の位置を下げ、車いすでも見やすい高さに配慮した。

 メインとなるアリーナの床には車いすラグビー用などパラスポーツ競技対応のラインを引き、体温調節の苦手な競技者を想定した空調も完備。一般的な体育館よりコート外のスペースが広く、控えの車いす競技者も動きやすくなっている。

 また、視覚障害競技向けの遮音配慮をした多目的ルームには、ボッチャ競技のコートや、県内唯一となるパラボルダリング競技対応の壁も設置された。

多様化社会形成へ

 パラ環境に力を入れた背景には、全国的なパラスポーツ認知度の高まりや、多様化社会形成への動きがある。これまで県は、スロープや多目的トイレ設置など既存施設のバリアフリー化を図ってきた。整備段階から障害者スポーツを柱の一つに据えた大規模スポーツ拠点は県内初となる。

 県は実際のパラ選手らにヒアリングを行い設備を検討。アリーナの車いすメンテナンスルームは、当初計画にはなかったが、競技者の悩みを聞く中で取り入れられた設備だ。大塚和弘所長は「障害者にとってかゆい所に手が届く配慮を目指した」と話す。

 市障がい者スポーツ連絡協議会の種田多化子会長は「練習場、競技場にパラの視点を取り入れ、本当の意味で障害者スポーツに必要な施設を作ってくれた」と話し「(同センターが)パラスポーツの聖地になるのでは」と期待を寄せる。

 大塚所長は「障害者の方にとって使いやすい施設は、高齢者や子ども、誰にとっても使いやすい施設のはず。これからも利用者の声に寄り添いたい」と話した。
 

車いすのメンテナンス室
車いすのメンテナンス室

藤沢版のローカルニュース最新6

災害時「住民取り残さない」

災害時「住民取り残さない」 社会

御所見地区で防災訓練

12月3日号

開催地の証、ピアノに込め

開催地の証、ピアノに込め 社会

藤沢青年会議所が市に寄贈

12月3日号

SDGs推進の旗手目指せ

SDGs推進の旗手目指せ 社会

松下政経塾で全4回講座

12月3日号

「でっかいの出てきた」

「でっかいの出てきた」 教育

グリーンLC 児童招き芋堀り

12月3日号

店頭でマルシェ

店頭でマルシェ 経済

無印良品「地域の賑わいに」

12月3日号

大根の収穫を体験

なかよしランド特別企画 青木幼稚園

大根の収穫を体験 教育

12月3日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 12月3日0:00更新

  • 11月26日0:00更新

  • 11月19日0:00更新

藤沢版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年12月3日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook