茅ヶ崎版 掲載号:2020年11月27日号 エリアトップへ

「パートナー制度」導入へ 性的少数者など市が応援

政治

掲載号:2020年11月27日号

  • LINE
  • hatena

 茅ヶ崎市は来年4月から、性的少数者(マイノリティ)をはじめ、さまざまな理由で婚姻の届け出をしない、もしくはできないカップルを応援する「(仮称)茅ヶ崎市パートナーシップ宣誓制度」を導入する。11月19日に市役所で開かれた市議会議員対象の全員協議会で、市が素案を公表した。

 継続的な共同生活を行おうとする2人が、行政に対してパートナーであることを誓う「パートナーシップ宣誓制度」。法的に結婚が認められない戸籍上同性のカップルだけでなく、戸籍上の夫または妻となることを選ばない「異性」のカップル、その他さまざま理由で事実婚を選ぶカップルなど、多様なパートナーシップのあり方を市として応援するのが目的だ。

 法的な効力はなく、制度の具体的な手続きや必要事項を定めた「要綱」として運用する。

60自治体が導入

 2015年に渋谷区と世田谷区で実施され、現在までに全国約60の自治体で導入。神奈川県では8市町ですでに開始している。県は、市町村が発行する「パートナーシップ証明書」があれば、該当市町村内の県営住宅に入居できるとしており、茅ヶ崎市でも制度の必要性は高まっていた。

 導入以降は、市内県営住宅への入居が可能になるほか市営住宅での適用も進める。さらに、住所を移しても相互利用を可能とする、市町間の協定も検討していく。

 茅ヶ崎市はこれまで、性的少数者の生きざまを描いたドキュメンタリー映画の上映などを実施してきた。2018年の市議会には「LGBTをはじめ性的少数者に対する包括的な施策の推進に関する陳情」が提出され採択されている。市担当者は「今後もさまざまな媒体や催しを通して、多様性を認め、尊重し合う社会の重要性を伝えていければ」としている。

 今回の素案は人権擁護委員会、男女共同参画推進プラン協議会の意見聴取などを経て決定する。

茅ヶ崎版のトップニュース最新6

危険箇所に歩道を整備

小出地区「七曲」

危険箇所に歩道を整備 社会

安全・利便性向上に期待

5月20日号

シーズン開幕戦、優勝飾る

シーズン開幕戦、優勝飾る スポーツ

BMX 内藤寧々さん

5月20日号

「浜降祭」3年連続中止に

「浜降祭」3年連続中止に 文化

コロナの感染拡大を考慮

5月13日号

みどりの愛護功労者に

萩桜会

みどりの愛護功労者に 社会

公園の植樹・美化活動が評価

5月13日号

アロハマーケットが復活

アロハマーケットが復活 社会

14・15日 ステージなど多彩

5月6日号

「補助金返還必要なし」

防犯灯電気料金返還請求訴訟

「補助金返還必要なし」 社会

地裁 自治会の訴え認める

5月6日号

あっとほーむデスク

  • 4月29日0:00更新

  • 4月22日0:00更新

  • 4月8日0:00更新

茅ヶ崎版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

リュウアンベさん個展

リュウアンベさん個展

5月21日から8ホテルで

5月21日~5月29日

茅ヶ崎版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

茅ヶ崎版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年5月20日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook