神奈川県全域・東京多摩地域の地域情報紙

  • search
  • LINE
  • MailBan
  • X
  • Facebook
  • RSS
茅ヶ崎版 公開:2024年5月3日 エリアトップへ

茅ヶ崎市 パラ水泳田中選手と協定 4人目のアンバサダーに

スポーツ

公開:2024年5月3日

  • X
  • LINE
  • hatena
協定書を交わした田中選手と佐藤市長
協定書を交わした田中選手と佐藤市長

 茅ヶ崎市は4月22日、東海岸南在住のパラ水泳選手で今夏フランス・パリで開催されるパラリンピックの日本代表に決まった田中映伍さん(19・東洋大学2年生)と「スポーツ振興に関する協定」(スポーツアンバサダー協定)を締結した。今後は両者が協力して、パラスポーツの普及・振興や次世代育成に取り組んでいく。

 茅ヶ崎市は2023年度から、世界や全国の舞台で活躍するアスリートを応援し、共同でスポーツ振興に取り組む目的で協定の締結を進めており、田中さんが4人目となる。

 同日、市役所で行われた締結式では協定書の取り交わしが行われた後、佐藤光市長からアンバサダーの名刺などが渡された。田中さんは「パラリンピックが終わったら小学校などを訪問して、パラスポーツの魅力について話したい」と話し、佐藤市長は「さまざまなチャレンジをしてきた経験を子どもたちに伝えてほしい」とした。

ハンデ越え才能発揮

 生まれつき両腕のない田中さんだが、幼い頃からサーフィンやサッカーなど多様なスポーツを楽しんできた。

 16年のリオデジャネイロパラリンピックで同じ障害のある選手が活躍する姿を見て、中学生になって本格的にパラ水泳を始めた。

 当初、練習していたのは萩園の市営温水プール。コーチもいなかったが、徐々に国内外の大会で結果を残すように。高校3年になって、本村の「パルバル湘南スポーツクラブ」で専門的な指導を受けるようになるとさらに記録を伸ばした。

 大学進学後はナショナルトレーニングセンターで練習を重ねており、昨年の世界選手権(イギリス)では50mバタフライと200m個人メドレーで日本新記録を出した。

 3月に静岡県で行われた日本パラ水泳春季チャレンジレースでは、50m背泳ぎで37秒43をマークして「派遣B基準記録」を突破し、S5クラス(両下肢の障害や手足の欠損がある人が対象)の日本代表に決定した。

 田中さんは「選考レースでは記録が伸びず悔しい思いをしたが、今はワクワクする気持ちが強い。パリでは自己ベスト更新を狙いたい」と意気込んでいる。

㈱平和堂典礼

藤沢市辻堂神台2-2-41 0120-59-6999

https://heiwadou.com/sp/

馬肉専門販売店

1500円以上お買い上げの方、「タウン見た」でユッケプレゼント

https://rarea.events/event/112428

<PR>

茅ヶ崎版のトップニュース最新6

18歳まで拡大へ準備進む

小児医療費助成制度

18歳まで拡大へ準備進む

対象8割超が申請済み

6月14日

子育て支援など3.3億円

一般会計補正予算案

子育て支援など3.3億円

ごみ戸別収集実験費用も

6月14日

遠い「待機児童ゼロ」

市内保育園

遠い「待機児童ゼロ」

定員増も申請は過去最多

6月7日

県のブランド品に登録

湘南ちがさきMILK

県のブランド品に登録

牛乳で初 搾りたての風味

6月7日

サーフィン教室初開催

茅ヶ崎湘南RC

サーフィン教室初開催

小学生対象 競技人口増目指す

6月7日

感震ブレーカー普及へ協定

茅ヶ崎市

感震ブレーカー普及へ協定

住宅メーカーと3社目締結

5月31日

あっとほーむデスク

  • 3月1日0:00更新

  • 11月17日0:00更新

  • 11月10日0:00更新

茅ヶ崎版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

バックナンバー最新号:2024年6月14日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook