茅ヶ崎版 掲載号:2015年10月30日号

ヤーンボンビング茅ヶ崎

サザンC 毛糸でジャック 社会

11月12日から15日に実施

「ヤーンボンビング茅ヶ崎」のメンバー
「ヤーンボンビング茅ヶ崎」のメンバー
 茅ヶ崎を象徴するモニュメントの一つ「サザンC」を、毛糸の編み物(ヤーン)で飾り付けるアートイベント「Yarn Bombing”C”(ヤーンボンビング茅ヶ崎)」が、11月12日(木)から15日(日)に開催される。市内外の編み物作家や手芸愛好家らで構成される「ヤーンボンビング茅ヶ崎」が主催。茅ヶ崎市と茅ヶ崎市観光協会が後援する。

 初日の12日は、「ヤーンボンビング茅ヶ崎」のメンバーが作成した毛糸製のマフラー状のパーツで午前10時から高さ3・5mのサザンCを包んでいく。各パーツのつなぎ目を、その場で編む作業が同時に行われる。13日(金)は、ヤーンで彩られたサザンCの展示日。14日(土)・15日(日)は、当日自由に持ち寄った小サイズ(30cm以下)の毛糸作品を追加で飾る一般参加型のイベントが開かれる。

各パーツを準備中

 今回のイベントは、既存の設置物を数日限定で普段と異なる形状に仕上げる「ゲリラアート」の一つ。塗料などで彩っていくものと異なり、毛糸は取り外しが可能で色を豊富に使えることから、2000年頃からアメリカなどの海外で実施されているイベントだという。日本では「地蔵などに地域の人が毛糸で編んだ帽子をかぶせているものと似ている」との見方もある。

 発起人の一人である市内共恵の毛糸店「チガディー」の斉藤幸子店長は今年7月にメンバーを募集。30人が集まり「ヤーンボンビング茅ヶ崎」を結成した。現在は12日にサザンC全体を包むためのパーツを、個々の技術やデザインセンスを駆使して毛糸で作成中。定期的に集まり、メンバーそれぞれの進度や全体の統一感を確認している。世代を超えたメンバーのため、編み物をしながらお互いの近況や子育ての話などで盛り上がる様子が印象的だ。

 斉藤さんは「私を含めた茅ヶ崎市内在住の3人が、色々な毛糸の楽しみ方を多くの人々と共有したいと思い、団体を結成しました。ふと出た『サザンCをボンビング(突然襲撃する爆弾のように飾り包む)できたら最高だよね』というメンバーの思いが実現しようとしています。茅ヶ崎を代表する大切なモニュメントですので皆、気合いを入れて準備中です」と語る。

 問い合わせは斉藤さん(チガディー)【電話】0467・91・4453または【メール】yb.chigasaki@gmail.comへ。

相談しながら編む姿も
相談しながら編む姿も

ラスカ茅ヶ崎のハロウィン

「トリック オア トリート」でハロウィンお菓子プレゼント!

http://www.lusca.co.jp

<PR>

茅ヶ崎版のトップニュース最新6件

空き家の活用を推進

松林チームが男女V7

第79回高南駅伝

松林チームが男女V7

1月20日号

57年ぶり40件下回る

2016年火災発生件数

57年ぶり40件下回る

1月13日号

ゲームで避難所運営体験

2,195人が門出

成人のつどい

2,195人が門出

1月6日号

鶴が台中 石井さんが最優秀

県地球環境保全ポスター

鶴が台中 石井さんが最優秀

1月6日号

関連記事(ベータ版)

茅ヶ崎版の関連リンク

あっとほーむデスク

茅ヶ崎版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

繊細な切り絵の世界

繊細な切り絵の世界

個展「Presto」

10月1日~10月31日

茅ヶ崎版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2017年10月20日号

政治の村で詳細情報発信中

お問い合わせ

外部リンク