大磯・二宮・中井版 掲載号:2016年12月16日号

第7回全国高等学校選抜クライミング選手権大会に出場する

関野 奏子さん

中井町半分形在住 18歳

ひた向きに壁に挑む

 ○…高さ15mもある人工壁。地面でロープを操作しクライマーの安全を確保するビレイヤーと組み、突起に手足をかけて到達距離を競う。垂直の壁は上に行くと覆い被さるような傾斜があり、握力や持久力は限界に達する。度胸と技術、身体能力で挑むリードクライミングを「楽しいからできる」と弾む笑顔で言い切る。

 ○…伊勢原高校山岳部に所属する3年生。11月の県大会で優勝を遂げ、埼玉県加須市で12月24日と25日に開催される全国大会へ初出場する。今月10日には、ロープなしで5m位までの壁を登るボルダリングのジャパンカップ予選にトライし、1月の本大会出場も決めた。「実力選手の動きを見ることができ、いい刺激になった。高校選手権に向けて自信もつきました」

 ○…3人姉妹の次女。庭の木に登って遊ぶ活発な子どもだった。中井中学校では陸上部でハードルに、器械体操にも打ち込む。瞬発力や柔軟性を培ったその経験は、クライミングに生かされているという。平日の放課後はジムに通い、年齢や実力もさまざまなクライマーたちと鍛錬。土日は自然の岩場でトレーニングを積む。「数をこなして適応力をつけたい」と意欲的だ。

 ○…大らかで快活なクライマーにもスランプがあったと打ち明ける。「難易度を下げ、ゆっくり丁寧に登ることをひたすら練習した」。冷静さと的確な決断。意外にも、飲料の自動販売機の前では「迷っているうちにお金がチャリンチャリンと戻ってきてしまう」とはにかむ。クライミングの魅力は、スタートからゴールまで頭の中でシミュレーションした通りに登った時の達成感だという。

 ○…「大会が近づくと、夕飯はヘルシーな献立に母がつき合ってくれます」。応援してくれる家族への感謝を口にする。競技前夜に心身の緊張をほぐし、爪の補強を兼ねて塗るネイルは「勝負の赤」。「将来は国体やW杯に出場したい」。高みを目指し続ける。

関連記事powered by weblio


大磯・二宮・中井版の人物風土記最新6件

小松原 庸子さん

平塚市中央公民館で8月6日(日)、「フラメンコ・アンダルシア」を公演する

小松原 庸子さん

8月4日号

西山 知宏さん

2017年度吹奏楽コンクールの課題曲を作曲した

西山 知宏さん

7月28日号

田中 恵里子さん

なかい里都(さと)まちCAFEのマネージャーを務める

田中 恵里子さん

7月21日号

鵜飼(うがい) 典男さん

公益社団法人神奈川県薬剤師会の第24代会長に就任した

鵜飼(うがい) 典男さん

7月14日号

志田 涼介さん

大磯海水浴場の監視長を務める

志田 涼介さん

7月7日号

増井 峰夫さん

平塚歯科医師会の会長に就任した

増井 峰夫さん

6月30日号

大磯・二宮・中井版の関連リンク

あっとほーむデスク

大磯・二宮・中井版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2017年8月11日号

お問い合わせ

外部リンク

メール版タウンニュース

ライブカフェミッシェル

タウンニュースホール

ケータイ版タウンニュース

ケータイで左のQRコードを読み取るか以下のURLを入力してください。

http://www.townnews.co.jp/m/