さがみはら中央区版 掲載号:2012年12月20日号
  • googleplus
  • LINE

地元サッカーチーム・SC相模原をJFL(日本フットボールリーグ)に導いた監督 木村 哲昌さん 大和市在住 40歳

緻密なプラン、妥協なし

 ○…2008年の創部から足掛け5年。九州の地で、ようやくJFL昇格を決めた。2度の挑戦に失敗し、後がない中、今季託された指揮官の座。それでもプレッシャーはなかった。チームの立ち上げから携わっており、楽しみの方が大きかった。ただ、何かが足りないと感じていた。今年は「できる」を示す「CAN」をチームの旗印にし、選手たちに求めたのは「常に100%」の姿勢。ピッチ上に限らず、チームの一員として、社会人として。あらゆる意味での「一丸」をめざした。

 ○…年明けには、きまって150試合以上観ると目標を立て、実行する。試合前予想、展開、自分ならどう戦うのかをノートに書き留める。現役時代からの習慣だ。指導者の道に進んだ今では、ベンチにいる自分を想像し、試合を冷静に分析する。これは日常でも同じ。目標達成に向けて取るべき行動を熟慮し、プランを練る。綿密に計画するため、もし達成できなければ「見えない部分で妥協した」ということになる。こうした日常が頭と身体に染み付いている。

 ○…選手時代は主にMF、DF。自身を「コツコツタイプ」と評する。向上高卒業後、駒大に進学。Jリーグでは京都サンガ、ヴァンフォーレ甲府などでプレー。ニュージーランドのオークランドでも活躍した。元日本代表の藤田俊哉とは同期。藤田が執筆した本を直接プレゼントされ、読みふけっている。遠征続きで時間が合わない妻とは、休みを見つけて散歩に繰り出すなど愛妻家の一面も。

 ○…監督を引き受ける際に「試合で観客に勇気を与え、相模原が盛り上がれば」と思いをめぐらせた。JFLはゴールではない。しかし、気負う様子もない。緻密に、コツコツと。地域のために何ができるのか。選手、スタッフ、チーム全体で徹底的に考える。「可能性のあるクラブ。これからが楽しみですよ」。ひと皮向けたSCの試合が、今から待ち遠しい。
 

さがみはら中央区版の人物風土記最新6件

福田 昭三さん

任意団体「神奈川県地球温暖化防止活動推進協議会」の会長を務める

福田 昭三さん

4月5日号

杉山 愛莉さん

卒業制作「大猫(びょう)行列」がギオン相模原大賞、女子美術大学卒業制作賞を受賞した

杉山 愛莉さん

3月29日号

鈴木 雅彦さん

地元相模原で生まれ育ち、初めて剣道最高段位「八段」を取得した

鈴木 雅彦さん

3月22日号

佐栁(さなぎ) 慶さん

4月に障害者サッカーチームを発足させるNPO法人アクティブスポーツで副理事長を務める

佐栁(さなぎ) 慶さん

3月15日号

山本 悟さん

水彩画の作品展を通じ相模原市へ寄贈を行う

山本 悟さん

3月8日号

高倉 豪さん

市立環境情報センター所長を務める傍らトライアスロン選手としても活動する

高倉 豪さん

3月1日号

さがみはら中央区版の関連リンク

あっとほーむデスク

さがみはら中央区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年4月5日号

お問い合わせ

外部リンク