さがみはら中央区版 掲載号:2013年3月14日号
  • googleplus
  • LINE

4月から相模原市青年工業経営研究会(青工研)の会長に就任する 小林 昌純さん 町田市在住 40歳

諦めない心で担う未来

 ○…原則42歳以下の経営者らで市内工業の課題などを討議、研究、発信する団体・青工研の新会長に就任する。「自分たちが相模原の工業を担っている」と会員間で確認し、新年度のテーマを「未来創造」に決定。「内部で集うだけの内向きの活動ではなく、積極的に外へ発信していく団体にしたい」と力を込めた。

 ○…大学を卒業後、ゼネコンに就職。東京フェリーターミナルなど、現場監督として公共事業に携わった。一級建築士、一級施工管理技士の資格も持つ。「軍艦島跡の撤去工事ではね」など、当時の思い出は尽きない。その後、父が創業した「コバヤシ精密工業」に入社。金属部品加工の現場を学んだ後、経営側に回り、2年前社長に就任。掲げるのは全ての物事に挑戦する諦めない力=「コバヤシイズム」だ。「挑戦こそが新たな未来を拓く大きな力になる」と信じている。

 ○…積極的な姿勢は昔から変わらない。高校2年の時、交換留学生制度を利用し、米・ブルックリンの家庭で生活。大学時代は自転車でカナディアンロッキーを旅するなど、訪れた国は十数か国を数える。「海外へ目を向けないと」と経営者の視点も忘れない。つい顔をほころばせたのは、フラダンスを習う小3の娘とサッカーを始めた小1の息子の話題。「ビデオを持って応援です」とほほ笑んだ。

 ○…相模原の将来を担う「未来創造」に向け、来年度は会員同士が協力し、商機を生み出し、他団体とも交流。青工研というブランドを積極的にPRしていく。「商機創出」「団体交流」「ブランディング」それぞれの事業部も立ち上げる予定だ。「経営者同士が相談者になれるこんな会は他にはない」と胸を張る。だからこそ、「経営に悩むなら、志を持って、青工研の門を叩いて欲しい」と強く願う。コバヤシイズムがどう浸透するか。挑戦の春が来る。
 

さがみはら中央区版の人物風土記最新6件

吉見 夏稀さん

今季から女子サッカーチーム・ノジマステラ神奈川相模原のキャプテンを務める

吉見 夏稀さん

2月15日号

後藤 優輝さん

「相模原市学生消防団活動認証制度」の第1号に認証された

後藤 優輝さん

2月8日号

西ヶ谷 隆之さん

地元サッカークラブ・SC相模原の監督に就任した

西ヶ谷 隆之さん

2月1日号

牧野 鉄平さん

川崎グリーンライズ相模原の主将を務め、「日本中学生アメリカンフットボール選手権」で日本一に輝いた

牧野 鉄平さん

1月25日号

郭(かく) 智博(ともひろ)さん

現在上映中のオール相模原ロケ映画「ホペイロの憂鬱」で森陽介役を演じる 

郭(かく) 智博(ともひろ)さん

1月18日号

小山 龍次さん

このほど、公益社団法人相模原青年会議所(相模原JC)の理事長に就任した

小山 龍次さん

1月11日号

さがみはら中央区版の関連リンク

あっとほーむデスク

さがみはら中央区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年2月15日号

お問い合わせ

外部リンク