さがみはら中央区版 掲載号:2016年6月30日号 エリアトップへ

4月から神奈川県タクシー協会相模支部相模原地区会の会長に就任した 大畠 雄作さん 南区御園在住 50歳

掲載号:2016年6月30日号

  • LINE
  • hatena

時代を読み難題に挑む

 ○…所有車両約480台、相模原市内に拠点を置く18事業所を束ねるトップに就く。昨年まで、同地区会の事務局長を10年以上に渡り務めたこともあり、まとめ役には抵抗はなかったが、そこはやはり会長。「改めて身が引き締まる思いだった」。時代の変化に左右されやすいタクシー業界。進む先には人手不足など、一筋縄ではいかない難題が待ち構えるが「先輩方が培った伝統を生かしつつ、時代に即した事業を行い、課題を解決したい」と意欲を見せる。

 ○…前職はホテルマン。些細なミスも許されない厳しい職場で、サービス業の精神を叩き込まれた。大きな転機は、職場で出会った現在の夫人と結ばれたこと。結婚を機に夫人の父親が営むタクシー会社へと転身。当時は「サービス業としてのタクシー」という認識が薄く、乗客に対し横柄な態度を取る運転手も少なくなかったが、専務として根気強く社員を説得し、接客態度の改善に取り組んだ。転職から10年、社長に就任すると同時に同地区会に加入する。事務方として行政とのパイプ役を担い、タクシー乗り場のルール作りに奔走。誰もが心地よく利用できる環境を整備し、会を縁の下から支えた。

 ○…「仕事人」だった先代を見習い、ほぼ年中無休で働く。仕事を早く切り上げてたまに行うゴルフは束の間の休息。ただ、リフレッシュ目的で行くはずが、上手くいかないとストレスを募らせることも。「これじゃあ、仕事の方が落ち着くのかも」。こんなところまで先代に似ている。

 ○…タクシーはあれど、担い手がいない。そんな状況を案ずるほど、人手不足は深刻だ。そんな難題に対し「できる範囲で待遇面を改善する。その上で、業界のイメージアップに取り組んでいく」と、課題解決への確かな筋道を示す。トップとして、時代の流れを的確につかみ、押し寄せる荒波を乗り越えながら、会を牽引していく。

さがみはら中央区版の人物風土記最新6

秋山 真男さん

相模原市相模原消防署長を務める

秋山 真男さん

南区相模台在住 59歳

10月29日号

石井 茂さん

2020年度の消防庁長官表彰を受けた

石井 茂さん

東淵野辺在住 59歳

10月22日号

関口 晃嗣(こうじ)さん

相模原市消防局南消防署長を務める

関口 晃嗣(こうじ)さん

田名在住 59歳

10月15日号

木口 真治さん

神奈川県 県央地域県政総合センターの所長に就任した

木口 真治さん

相模原市出身 56歳

10月8日号

萩原 真澄さん

神奈川県畳工業協同組合相模原支部の支部長についた

萩原 真澄さん

高根在住 57歳

10月1日号

茅 明夫さん

先ごろ発足した「JAXA宇宙科学研究所と夢を創る会」の発起人代表を務める

茅 明夫さん

淵野辺在住 70歳

9月24日号

意見広告・議会報告政治の村

  • 県政の課題を問う

    県政報告Vol.45

    県政の課題を問う

    自民党県議会議員 河本 文雄(かわもと ふみお)

    10月22日号

あっとほーむデスク

  • 10月29日0:00更新

  • 10月22日0:00更新

  • 10月15日0:00更新

さがみはら中央区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年10月29日号

お問い合わせ

外部リンク