さがみはら中央区版 掲載号:2018年10月18日号 エリアトップへ

今月で3周年を迎えたクリスピーエッグギャラリーのオーナーを務める 石井 弘和さん 淵野辺在住 35歳

掲載号:2018年10月18日号

  • LINE
  • hatena

現代アートの向上に専心

 ○…淵野辺駅北口の飲食店街を外れ、砂利道を進んだ先にひっそりと佇む「クリスピーエッグギャラリー」。学生時代のあだ名「たまご」から着想を得て命名した。「現代アート作家一人ひとりの成長とともにありたい」との思いで運営するギャラリーでは、定期的に展覧会を企画。日本各地の現代アート好きが集まる場となっている。

 ○…不動産会社の長男として生まれる。幼少期から絵が好きで、描いた絵を雑誌に投稿したり、友達に見せたりしていた。成長するにつれ本格的に絵を学びたくなり、多摩美術大学を受験。一度は失敗するも、その後進学した大学からの編入で入学を果たす。「絵の話をできる仲間に出会えた」。制作では主に自画像を描く一方で、街中にキン肉マンの恰好で現れるなど現代アートの中でパフォーマンスと呼ばれる分野にも挑戦。「充実した大学生活だった」と振り返る。卒業後も創作活動を続けていたが、家庭を持ったことを機に、家業に従事しつつ、ギャラリーの運営に舵を切った。

 ○…空き時間には本や映画を嗜む。とりわけ本の中では学術書を好み、現在は石膏像に関する研究書を愛読する。現在は創作活動からは離れているが、公園で遊ぶ5歳の息子と3歳の娘をスケッチブックに描くことも。自宅には画材がそろっており、子どもたちも無尽蔵に絵を描き続けるため、「絵が家に溜まる一方だ」と困り顔を見せる。

 ○…ギャラリーは現代アート作家が自由に演出できる空間として提供する。それが作家の成長になると考えるからだ。今後は徐々にギャラリーの運営に重心を置く方針。「日本に限らず世界から足を運んでもらえる場にして、作家のキャリアアップにつなげたい」。作家の成長を一番に考え、共にまい進し続ける。

サーティーフォ―交通

「人と場所をつなぎ、夢を実現する」をコンセプトに地域交通インフラの一翼を担う

www.3400.jp

相模原市からのお知らせです

新型コロナウイルスワクチンの詳しい情報については市HPをご確認ください

https://www.city.sagamihara.kanagawa.jp/kurashi/kenko/kansenyobo/1019910/1022588/index.html

<PR>

さがみはら中央区版の人物風土記最新6

久田 美菜子さん

矢部で子育て支援とマッサージを兼ねる店舗を経営する傍ら、矢部マップを作製した

久田 美菜子さん

八王子市在住 41歳

11月25日号

天明(てんみょう) 信子さん

民生委員を21年間務め、2021年秋の褒章(藍綬)を受章した

天明(てんみょう) 信子さん

相模原在住 77歳

11月18日号

酒井 哲夫さん

相模原北防犯協会の副会長を務め、2021年秋の褒章(藍綬)を受章した

酒井 哲夫さん

緑区相原在住 74歳

11月11日号

清水 弘さん

日本花菖蒲協会の会長で、今春花菖蒲に関する図鑑を発行した

清水 弘さん

緑区相原在住 68歳

11月4日号

池田 早苗さん

書家としてふるさとで初の個展を開催した

池田 早苗さん

南区在住 75歳

10月28日号

小松 文乃さん

「(一社)わたしのSDGs」を立ち上げた

小松 文乃さん

南橋本在住 46歳

10月21日号

厚木で宿泊するとクーポン進呈

12月1日~厚木の旅館・ホテルに宿泊すると1人1枚千円クーポンプレゼント!

https://www.atsugi-kankou.jp/

<PR>

あっとほーむデスク

  • 11月25日0:00更新

  • 11月18日0:00更新

  • 11月11日0:00更新

さがみはら中央区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

さがみはら中央区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年11月25日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook