さがみはら中央区版 掲載号:2018年11月15日号 エリアトップへ

企画展「路地裏の猫屋」を主催する 白井 光可(みつよ)さん 上溝在住 51歳

掲載号:2018年11月15日号

  • LINE
  • hatena

「一から作る」を生業に

 ○…自分を一言で表すなら「猫のクラフト作家」。千代田に構えた工房で、日常で使える雑貨、工芸品を主体に制作。猫や動物をモチーフにしている以外、技法にも素材にもこだわらず、常に新しい作品に挑戦し続けている。2008年に工房を開き、精力的に毎年行ってきた企画展「路地裏の猫屋」だが、10年目を迎え今年を節目に幕を下ろす。

 ○…結婚を機に28歳で相模原に。そこで、「地域の人と関わる場となれば」と始めたのが企画展だった。「猫」に焦点を当てた珍しさも手伝って、県外から訪れる人も多いことから「相模原の美味しい飲食店や、魅力的なお店を知ってほしい」という思いで市内各所のマップを作成しパンフレットに掲載。自転車で走り回って調査し作り上げただけに情報満載と手にした人からの評価も高い。マップは企画展の度に更新しており、「大変だけれども、新しいお店を見つけるのは宝探しみたい」と顔をほころばせる。

 ○…出身は東京都大田区。小さいころから、ものづくりが好きで、おもちゃも人形も手作り派。おもちゃ屋で売られている完成品には興味がない子どもだった。誕生日やクリスマスには両親から「お願いだからプレゼントに何が欲しいか教えて」と懇願されるほど、欲しいものは何でも作った。「『一から作る』というのを仕事にしたい」という気持ちを、幼いころのおもちゃづくりをきっかけに抱き続けていた。

 ○…一区切りを迎える企画展。参加する作家も訪れる人も増えたタイミングでの終了は「新しいことに挑戦する準備期間のため」。10年を振り返り、より地域と関わる活動をしたいという思いが湧き上り決断に至った。「一から作る」。その思いは変わらないまま、新たな「路地裏の猫屋」の開催へ、魅力を蓄え続ける。
 

さがみはら中央区版の人物風土記最新6

鈴木 崇之さん

上溝商店街振興組合の理事長に就任した

鈴木 崇之さん

上溝在住 43歳

12月5日号

岡川 智行さん

東京五輪に向け、ネパールオリンピック委員会から選手のトレーナーを依頼された

岡川 智行さん

緑区東橋本在住 39歳

11月28日号

高橋 律(ただし)さん

津久井在来大豆を使った醤油しぼりをボランティアで行う

高橋 律(ただし)さん

緑区千木良在住 71歳

11月21日号

大由 鬼山(だいよしきざん)さん(本名:大由 修)

相模原市邦舞三曲連盟の会長に就任した

大由 鬼山(だいよしきざん)さん(本名:大由 修)

南区若松在住 71歳

11月14日号

丘 修三さん(本名:渋江孝夫さん)

川崎 勝重さん

相模の大凧文化保存会の会長に就任した

川崎 勝重さん

南区磯部在住 71歳

10月31日号

木原 信一郎さん

このほど相模原警察署長に就任した

木原 信一郎さん

相模原在住 57歳

10月24日号

あっとほーむデスク

  • 12月5日0:00更新

  • 11月28日0:00更新

  • 11月21日0:00更新

さがみはら中央区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

さがみはら中央区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年12月5日号

お問い合わせ

外部リンク