さがみはら中央区版 掲載号:2018年11月29日号 エリアトップへ

星が丘サギ被害ゼロ運動応援歌「未来(あした)の為に」を発案、作詞した 金ヶ江 實(みのる)さん 千代田在住 71歳

掲載号:2018年11月29日号

  • LINE
  • hatena

走り続けるアイデアマン

 ○…「人を騙しちゃいけないよ 田舎の母さん泣いている」。1番で犯罪に手を染める若者に改心を呼びかけ、2番で詐欺電話への注意を促し、3番では地域で高齢者を見守ろうと訴える。「口で言うだけではなかなかね。でも歌って口ずさんでいれば耳に残ると思うんだよね」。覚えやすい歌詞と歌いやすいメロディーに、「その時」に冷静に考えるきっかけになればと思いを込めた。地域のために歌を作ったのはこれで17曲目になる。

 ○…佐賀県出身。大学卒業後、通信機器メーカーへの就職を機に川崎へ。労働組合の役員として賃上げや環境の改善などを実現すべく全国を奔走。転職後も労組の活動で「行っていないのは福井県だけ」というほど走り回った。相模原に移住したのは40年以上前。現役時代は、地域への思いはあったが今ほど積極的に地域活動にかかわることはなかった。そんな中、2014年に周囲の後押しもあり、千代田4丁目自治会の会長に就任。「せっかくなら」と「千代田4丁目をメジャーにする」と宣言し、住民を対象にアンケートを実施。様々な課題を解決するため10年計画を打ち出した。

 ○…趣味はゴルフ。「最近は練習してないし、歳もとったから」と謙遜しつつも、平均スコアは84、85あたり。現役時代は70台を叩き出した腕前の持ち主だ。最近は年3回ほどの同会のゴルフ同好会で優勝争いをするなど、忙しい合間に汗を流す。

 ○…子どもの居場所づくりや高齢者の見守り、防災・減災、自治会加入率の低下など地域の課題は山積み。だが、住民だけでなく行政や民間企業をも巻き込み、今後もアイデアを出し続け、奮闘する姿勢は崩さない。「悩めば悩むほど成長できる。考えるのをやめたらダメ」。その足を止めるのはまだまだ先になりそうだ。

さがみはら中央区版の人物風土記最新6

北野 誠さん

女子サッカーチーム・ノジマステラ神奈川相模原の監督に就任した

北野 誠さん

町田市在住 52歳

2月27日号

大山 孝さん

清新地区スポーツ推進委員として文部科学大臣表彰を受けた

大山 孝さん

清新在住 67歳

2月20日号

小方 颯(そう)さん

競泳個人メドレーで1年生ながら高校総体2冠、国体優勝など目覚ましい活躍を見せる

小方 颯(そう)さん

緑区東橋本在住 16歳

2月13日号

五明(ごみょう) 宏人さん

2019年12月に行われた第47回全日本空手道選手権大会・男子組手個人戦で優勝した

五明(ごみょう) 宏人さん

緑区橋本在住 24歳

2月6日号

牧瀬 稔さん

「シビックプライドの推進に関する検討委員会」の委員長を務める

牧瀬 稔さん

緑区橋本在住 45歳

1月30日号

倉木 健治さん

ローイングチーム「湖猿(こざる)」の代表として東京パラ代表候補を指導する

倉木 健治さん

愛川町在住 37歳

1月23日号

糸賀 英恵(はなえ)さん

平塚市美術館で「糸賀英恵展―うつろいのかたち」を開催している

糸賀 英恵(はなえ)さん

上溝在住 41歳

1月16日号

あっとほーむデスク

  • 2月27日0:00更新

  • 2月20日0:00更新 スポーツ

  • 2月13日0:00更新

さがみはら中央区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年2月27日号

お問い合わせ

外部リンク