さがみはら中央区版 掲載号:2018年12月20日号 エリアトップへ

紙を使った作品で競うアートコンクール・紙わざ大賞を受賞した 陶山(すやま) 岳志さん 南橋本在住 24歳

掲載号:2018年12月20日号

  • LINE
  • hatena

「紙」に魅せられ可能性追求

 ○…紙で作られた白く繊細な柱たちが16個の石を持ち上げる神秘的な作品「霜柱(しもばしら)」で、紙わざ大賞を受賞。紙さえ使えば、作品の大きさや形態には制限のない同賞。圧倒的に緻密な作品を作り上げながらも、「まさか獲れるとは」と驚きを隠せない。

 ○…多摩美術大学で環境デザイン学科を専攻し、現在は同大学で職員として働く。学生時代は同級生から紙に対する情熱やこだわりを表して「異常」と冗談を言われるほど、紙のことばかり考える生活を送った。紙との出合いは同大学受験の実技試験のとき。「コーヒーフィルターを使っての作品づくり」が出題され、取り組む中で紙が持つ秘めた魅力や可能性を見出す。入学後、折り紙で制作した作品がデザインコンクールで大賞を獲得し、自身のアイデンティティに気付かされた。それ以来、同大学の教授で空間デザインを専門とする恩師に師事。紙と向き合い、様々な形に変形、加工し組み立てる表現技法の研究に没頭した。

 ○…自身の性格を「凝り性」と表現する。趣味も突き詰めないと気が済まず、「カメラ」に夢中になった際には暇さえあれば町へ飛び出し、友人やお気に入りの風景などを撮って回った。現在は紙作りが何よりの趣味。「1枚1枚の質感や表情が違うのが、手作りだと分かる」と熱意を見せる。

 ○…作品制作をきっかけにデザインを学び、「人の役に立つものを作りたい」という思いが芽生えた。その思いの実現のために、新たな目標として胸に抱くのは「紙などを使った作品による町おこし」。過疎地域を活性化するため空き家を活用し、作品展示で内外から集客するとともに、交流が生まれるコミュニティづくりを図る。紙が持つ力で、地域に活力を。制作に向ける情熱を様々な分野に拡大していく。

さがみはら中央区版の人物風土記最新6

北野 誠さん

女子サッカーチーム・ノジマステラ神奈川相模原の監督に就任した

北野 誠さん

町田市在住 52歳

2月27日号

大山 孝さん

清新地区スポーツ推進委員として文部科学大臣表彰を受けた

大山 孝さん

清新在住 67歳

2月20日号

小方 颯(そう)さん

競泳個人メドレーで1年生ながら高校総体2冠、国体優勝など目覚ましい活躍を見せる

小方 颯(そう)さん

緑区東橋本在住 16歳

2月13日号

五明(ごみょう) 宏人さん

2019年12月に行われた第47回全日本空手道選手権大会・男子組手個人戦で優勝した

五明(ごみょう) 宏人さん

緑区橋本在住 24歳

2月6日号

牧瀬 稔さん

「シビックプライドの推進に関する検討委員会」の委員長を務める

牧瀬 稔さん

緑区橋本在住 45歳

1月30日号

倉木 健治さん

ローイングチーム「湖猿(こざる)」の代表として東京パラ代表候補を指導する

倉木 健治さん

愛川町在住 37歳

1月23日号

糸賀 英恵(はなえ)さん

平塚市美術館で「糸賀英恵展―うつろいのかたち」を開催している

糸賀 英恵(はなえ)さん

上溝在住 41歳

1月16日号

あっとほーむデスク

  • 2月27日0:00更新

  • 2月20日0:00更新 スポーツ

  • 2月13日0:00更新

さがみはら中央区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年2月27日号

お問い合わせ

外部リンク