さがみはら中央区版 掲載号:2019年5月1日号 エリアトップへ

あの日、陛下は石老山へ 関係者語る 相模原の登山

社会

掲載号:2019年5月1日号

  • LINE
  • hatena
石老山の山頂に到着された天皇陛下。左は秋山幸也・市博物館学芸員、右は山田正法・正覚寺住職=朝日新聞社提供
石老山の山頂に到着された天皇陛下。左は秋山幸也・市博物館学芸員、右は山田正法・正覚寺住職=朝日新聞社提供

 関東百名山の一つで気軽に登れるハイキングコースとして人気の緑区の石老山(702・8m)。地元では、4年前に新天皇陛下が皇太子さまの時代に登られたことでも知られる。その時の様子を当時の関係者に聞いた。

 石老山は相模湖南東にある山。約600万年前、深さ数千mの海溝にたまってできた「礫岩(れきがん)」という岩石が全山に分布し、巨岩・奇岩に富んでいることから、この名がつけられたものと考えられている。巨岩は標高570mの融合平見晴台までに比較的多く見られ、点在する岩を眺めて歩くのが登山者の楽しみの一つでもある。

晴天の11月27日

 2015年夏頃。市商業観光課担当課長(当時)の田中浩さん(56)のもとに、県から市秘書課を通じて「皇太子さま(当時)が石老山に登りたいとおっしゃっている」という連絡があった。複数の関係者によると、山好きで知られる新天皇陛下は、公務などで中央自動車道を通る際に見える石老山への登山をかねがね希望されていたのだという。

 石老山が所在する市の担当課として田中さんは、登山ルートや休憩場所など各所の手配に奔走。数回に渡り現地視察にも赴いた。そして、前日の雨が嘘のように晴れ渡った11月27日、田中さんも先発隊として陛下の前方を進んだ。

「穏やかな印象のままの方」垣間見えた陛下の横顔

 国道412号「石老山入口バス停」方面から登ると、この登山の拠点となり、石老山を山号とする真言宗寺院・顕鏡寺がある。陛下は当日、車で同寺に到着。着替えを済ませ、境内で準備体操をされた。岩木観定住職(82)が寺内へ案内する際、廊下からの景観や同寺の歴史について話されたという。岩木住職は「落ち着いていらして、穏やかな印象そのままの方だった」と回想する。

 市立博物館学芸員で市域の動植物調査を行う秋山幸也さん(51)は案内役の1人として自然や生物を解説した。「話を頂いた時は大変な重責だと感じた」と振り返る。「陛下は登山を何より楽しまれている様子で、景色を眺めて『あの山にはいつ、誰と登った』と話されていた。健脚でかなり山に慣れていらっしゃる様子だった」。山の地質の話題でプレートの名称が思い出せず秋山さんが言葉に詰まると「フィリピン海ですか?」と助け舟を出された。「そのお詳しさに驚いた」と思い返す。

 郷土史のガイドを務めたのは若柳にある臨済宗寺院・正覚寺の山田正法住職(70)。山田住職は石老山の縁起や相模湖築造と湖底に沈んだ勝瀬村の話などを説明。「さくら道コース(桜山展望台経由)を回り、山頂から下る途中の大明神展望台で北丹沢の尾根を見渡され、山の名を順に述べられた。よくご存じだった」

 下山後には、千木良にある割烹旅館『五本松』へ移動し入浴後、客室で昼食を召し上がった。主人の永井宏文さん(52)はこの日のために考案した地場のサトイモとゆずを使った記念メニューなどを用意。「地元の旬野菜や、津久井のうどんなども残さず召し上がり、『どれもおいしかったです』と言って頂いた」と永井さんは振り返る。

「息子、心配してくださった」

 帰られる間際、見送りに並ぶ永井さん一家に1人ずつ陛下が言葉をかけ、車に乗ろうとされたその時、当時小学1年生だった永井さんの息子の頬を虫が刺した。張り詰めた緊張感の中で起こった予期せぬ事態に息子はショックで泣き出した。「そうしたら、後で宮内庁から電話を頂いた。陛下が心配してくださったのだと思う」と述懐する。

 陛下も楽しまれた地元の名峰・石老山。市では「手軽に登れ、近隣にある山々とはまた違った趣がある。足を運んで頂ければ」と話している。

大明神展望台で天皇陛下は北丹沢の山々を見渡されたという=4月18日撮影
大明神展望台で天皇陛下は北丹沢の山々を見渡されたという=4月18日撮影

さがみはら中央区版のトップニュース最新6

田名に大型物流施設

田名に大型物流施設 経済

来年8月完成 公共利用も

2月20日号

過去最大の3072億円

2020年度当初予算案

過去最大の3072億円 経済

5年連続増 台風関連重点

2月20日号

「アンコン」で市内初の金

共和中合唱部

「アンコン」で市内初の金 教育

関東への切符つかむ

2月13日号

団地×女子大=地域活性

団地×女子大=地域活性 文化

公社と相模女子大が協定

2月13日号

区内から2社認定

神奈川なでしこブランド

区内から2社認定 社会

細かな需要への対応評価

2月6日号

蛍保護団体へ市が指定

阿津川

蛍保護団体へ市が指定 社会

5カ所目 「観光の目玉に」

2月6日号

「原爆」作品、米大学に収蔵

写真家江成常夫さん

「原爆」作品、米大学に収蔵 文化

日本人初 「核廃絶で意義」

1月30日号

あっとほーむデスク

  • 2月20日0:00更新 スポーツ

  • 2月13日0:00更新

  • 2月6日0:00更新

さがみはら中央区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年2月20日号

お問い合わせ

外部リンク