さがみはら中央区版 掲載号:2019年10月31日号 エリアトップへ

相模の大凧文化保存会の会長に就任した 川崎 勝重さん 南区磯部在住 71歳

掲載号:2019年10月31日号

  • LINE
  • hatena

凧通じ、故郷へ恩返し

 ○…地域に子どもが誕生したお祝いとして、端午の節句に行われてきた凧揚げ。天保年間から現在まで受け継がれてきた行事は、いまや「相模の大凧まつり」に昇華し、市の六大観光行事の一つとなった。地域の誇りともいえる伝統を守り、受け継いでいるのが「相模の大凧文化保存会」。凧を愛する450人が所属する同団体の旗手を、このほど務めることとなった。会の中心は50代から70代。「伝統継承のためには若い人の参加を促していきたい。そのための努力は惜しまない」

 ○…生まれも育ちも南区上磯部。幼い頃から自然と共に育ち、「家が相模川沿いだったので、庭から魚釣りができた」と当時を懐かしむ。毎年揚がる凧の姿も、気づけば目に焼き付いていた。公務員時代の40代半ば、近所の先輩らから大凧保存会への入会を打診された。「子どもの頃から世話になった人ばかりで断れなくて」と苦笑する。それでも、言葉数は少ないながら親身な指導を受け、凧作りの楽しさに目覚めた。「先輩と話す機会も貴重だったし、なによりも居心地が良かったからね」

 ○…市の観光マイスターとしても活動し、大凧のPRも率先して担当。地元の鎮守である上磯部八幡宮の祭礼を運営する有志団体「やよい会」にも所属する。祭礼では、仲間らとともに芝居にも挑戦。「演技は難しいね」と笑いながらも、「地元のために何かできることが嬉しくて」と目を細める。

 ○…新緑鮮やかな皐月に、雄大な大山や丹沢の山々を背に青空を舞う大凧。その姿には今も胸が高鳴る。「凧があって、自然が豊かで。新磯地域って本当に素晴らしいと思うけどな」。思わずこぼれた言葉に、実感がこもる。故郷と凧への愛着、そして少しの重圧を胸に、伝統を次世代に継承するための活動は続く。

さがみはら中央区版の人物風土記最新6

関口 晃嗣(こうじ)さん

相模原市消防局南消防署長を務める

関口 晃嗣(こうじ)さん

田名在住 59歳

10月15日号

木口 真治さん

神奈川県 県央地域県政総合センターの所長に就任した

木口 真治さん

相模原市出身 56歳

10月8日号

萩原 真澄さん

神奈川県畳工業協同組合相模原支部の支部長についた

萩原 真澄さん

高根在住 57歳

10月1日号

茅 明夫さん

先ごろ発足した「JAXA宇宙科学研究所と夢を創る会」の発起人代表を務める

茅 明夫さん

淵野辺在住 70歳

9月24日号

清水 謙二さん

今月、設立30周年目に入った「相模原市ゴルフ協会」の会長を務める

清水 謙二さん

上溝在住 79歳

9月17日号

奥田 玲生(たまみ)さん

先ごろ、ビリヤードの最年少プロとして活動を始めた

奥田 玲生(たまみ)さん

相模原在住 18歳

9月10日号

あっとほーむデスク

  • 10月15日0:00更新

  • 10月8日0:00更新

  • 10月1日0:00更新

さがみはら中央区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 64年前の標本が問いかけること

    相模原市立博物館レポvol.19

    64年前の標本が問いかけること

    生物担当学芸員 秋山幸也

    10月15日号

  • 実物の迫力

    相模原市立博物館レポvol.18 企画展-「無量光寺文書・山崎弁栄遺墨展」から-

    実物の迫力

    学芸員 長澤有史学芸員 長澤有史

    10月8日号

さがみはら中央区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年10月15日号

お問い合わせ

外部リンク