神奈川県全域・東京多摩地域の地域情報紙

  • search
  • LINE
  • MailBan
  • X
  • Facebook
  • RSS

人を知り、相模原を知る

社会

公開:2020年1月1日

  • X
  • LINE
  • hatena

 「100人カイギ」は、その地域に関わる人々が仕事や活動について話し、参加者と交流する場だ。「身近な人同士の、ゆるやかなつながりを作る」というコンセプトで、2016年に東京都港区から始まり、現在国内30カ所以上に広まる。1回5人で持ち時間10分、100人に達したらイベントは終了する。

 渋谷洋平さん、純平さんは、南区で不動産業を営む兄弟。空き室問題に取り組む中、自社で管理する建物だけでなく、地域全体に目を向ける必要性を感じていたという。

 「ちょうどその頃、あるシビックプライドのアンケートで、政令市の中で相模原市が最下位という記事を目にしたんです」と洋平さんは話す。「ここで生まれ育った私たちも、相模原ってどんな街?と聞かれると答えに詰まってしまう。まずは『この街で活動する人を知ろう』と、100人カイギに着目しました」

 2人に100人カイギを紹介したのは、港区での登壇者だった相模女子大学准教授の依田真美さん。依田さんの声かけのもと、洋平さん、純平さん、そして地方創生事業やシティプロモーションを数多くプロデュースしている、(株)博報堂の諏訪部裕美さんが参画し、18年4月、4人で「さがみはら100人カイギ」をスタートさせた。

 「5人を集めるのに、最初は苦労しました。知り合いに声を掛けたほか、私たち自身も登壇しました。そして市内の気になった人、お店、場所に足を運び、打診しています」。これまで11回、年齢・職業も多種多様な54人が登壇。会場は後援する相模女子大学を主に、青山学院大学相模原キャンパスや緑区藤野でも開催した。

 100人カイギを運営することで、2人は「相模原の良さ」を再確認してきた。「全然知らなかったんだなと。自然と都市の調和、伝統行事、ほのぼのとした空気…相模原が持っている、様々な魅力に気づくことができました」と純平さん。

 「そして、登壇者の方々の『相模原が好き』という想いに触れることで、私たちも愛着を持つことができた。あと9回、もっとたくさんの人に100人カイギを知ってほしいし、今後は子どもたちにも相模原で暮らし、働くことの良さを伝えたいと思います」。最後に洋平さんと純平さんは、「自分たちなりに楽しんで地域貢献していきたい」と抱負を語った。

さがみはら中央区版のローカルニュース最新6

版画に焦点

市民ギャラリー

版画に焦点

7月27日から

7月23日

全国大会控え意気込み

バドミントン

全国大会控え意気込み

淵野辺東小4年 鈴木さん

7月20日

国史跡50周年で記念事業

国史跡50周年で記念事業

南区磯部の勝坂遺跡

7月19日

今年の目玉は「手筒花火」

納涼花火大会

今年の目玉は「手筒花火」

本場豊橋から 「迫力」披露

7月18日

人気の「溝の朝市」

上溝商店街

人気の「溝の朝市」

7月21日開催

7月18日

「新日」が横浜で大会

がん撲滅チャリティー

「新日」が横浜で大会

8月8日、読者20人を招待

7月18日

あっとほーむデスク

  • 7月18日0:00更新

  • 4月6日0:00更新

  • 3月30日0:00更新

さがみはら中央区版のあっとほーむデスク一覧へ

コラム一覧へ

さがみはら中央区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2024年7月23日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook