神奈川県全域・東京多摩地域の地域情報紙

  • search
  • LINE
  • MailBan
  • X
  • Facebook
  • RSS

SDGs読書感想画コン 未来を描いた34作品入選

社会

公開:2022年3月31日

  • X
  • LINE
  • hatena
受賞した小中学生と関係者=12日、産業会館
受賞した小中学生と関係者=12日、産業会館

 SDGsに関する本を読み、思い描いた未来を自由に絵で表現する「SDGs 本を読んで未来を絵にするコンクール」の表彰式が12日、産業会館で行われ、最優秀賞にあたる相模原市長賞と相模原事務用品協同組合賞に、旭中学校2年の山崎巧真さんと光が丘小学校6年の荒井七海さんがそれぞれ輝いた。

 市と同組合が主催。市内在住・在学の小中学生を対象に昨年12月から今年1月末まで読書感想画を募り、小学校低学年・高学年・中学生の各部門計490件の応募があった。市や同組合、美術関係者らが「より未来を感じる作品」の観点で審査し、最優秀賞2点、優秀賞1点、優良賞10点、部門賞21点が入選した。

 最優秀賞の山崎さんは「橋の上の子どもたち」を読んで自然豊かな未来のイメージを描き、荒井さんは「世界がもし100人の村だったら」から未来を着想した。

 壇上で表彰を行った本村賢太郎市長は、「絵を見て勇気をもらった。皆さんの発信でSDGsに取り組む人が増えていけば」と感想を述べ、「一人一人の取り組みが未来を素晴らしい形にしていく。描いた未来をぜひ形にしていきましょう」と出席者に呼びかけた。

 同組合の浦上裕生代表理事は「文具のようにSDGsを身近に、という思いで開催させていただいた。これからも多くの方にSDGsの活動に興味を持って取り組んでいただけたら」と話した。

 受賞者名と作品は現在、市SDGs特設サイト(https://sdgs.city.sagamihara.kanagawa.jp/readingimpressions
-prize/)で公開中。今後、市内の図書館でも巡回展示される予定。

さがみはら中央区版のローカルニュース最新6

壮行会で活躍誓う

パリ五輪・パラ

壮行会で活躍誓う

相模原ゆかりの選手ら

7月14日

アゴラ夏号

アゴラ夏号

7月13日

子どものための防災教室

子どものための防災教室

7月27日 横山公民館で

7月12日

「地域に恩返し」

「地域に恩返し」

OHANAの七夕まつり

7月11日

「北里」の偉業を紹介

「北里」の偉業を紹介

 新紙幣記念し銀行で展示

7月11日

毎日食べたい こだわり料理

新施設『ふれあいの杜』訪問レポート【1】

毎日食べたい こだわり料理

話題の「試食付き見学会」へ

7月11日

7月は「社会を明るくする運動」強調月間です

7月13日 SC相模原のホームゲームで啓発活動を実施(問)相模原市生活福祉課042-851-3170

https://www.city.sagamihara.kanagawa.jp/kosodate/fukushi/1026643/1006581.html

相模原で30年。

あなたの心を満たす明るい未来をイメージしながら 暮らしの中の「あったらいい」をカタチにしています

https://www.thirty-four.co.jp/

<PR>

あっとほーむデスク

  • 4月6日0:00更新

  • 3月30日0:00更新

  • 3月23日0:00更新

さがみはら中央区版のあっとほーむデスク一覧へ

バックナンバー最新号:2024年7月14日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook