さがみはら中央区版 掲載号:2022年4月28日号 エリアトップへ

車販売店で認知機能検査 県警にトヨタが協力

社会

掲載号:2022年4月28日号

  • LINE
  • hatena
トヨタモビリティ神奈川 淵野辺店のコミュニケーションスポットで行われた認知機能検査
トヨタモビリティ神奈川 淵野辺店のコミュニケーションスポットで行われた認知機能検査

 神奈川県警は20日、75歳以上の免許更新者が義務付けられている「認知機能検査」を、中央区東淵野辺の自動車販売店「トヨタモビリティ神奈川 淵野辺店」で実施した。自動車販売店での同検査の実施は県内初。検査が混雑し待ち日数が80日以上かかっているという課題を受け、その解消につながればと同社が県警に協力した。

混雑待ち日数解消めざす

県内初

 会場を提供したのは、同店を運営する神奈川トヨタ自動車(横浜市神奈川区)。昨年8月、高齢運転者の支援に関して県警と協定を結んでおり今回、その一環として同社が会場提供を申し出た。

 認知機能検査は、運転免許証の更新期間が満了する日での年齢が75歳以上になる人らを対象に、高齢者講習を受講する前の実施が義務付けられている。実施会場は運転免許センター(横浜市)、または自動車教習所などとなっている。

 ただ、県内の高齢ドライバーの増加に伴い、検査の待ち日数が課題にあげられている。県警によると昨年12月末時点の調べで待ち日数は「平均88・6日」(高齢者講習、認知機能検査含む)。一方、75歳以上で免許更新にあたる人は今年およそ14万人おり今後も増加が予想される。ある自動車教習所は「大変多くの申し込みがあり、特定の日に一定期間の受付をしている。ただ、つながらないほど電話が集中したりして対応に苦労する点もある」と話す。

今後も予定

 そのような中、検査に必要な条件を満たした場所を持つ店舗を同社が県警に案内し今回、初めて実施に至った。当日は県警職員5人が店舗を訪れ、3回に分かれ合計18人が検査を受けた。同店で検査を受けたのは免許センターに問い合わせをし近隣の実施会場を案内された人ら。同店では今後も定期的に会場を提供していく予定だ。

 このような民間企業の協力に対し県警は「大変ありがたく、これからも期待したい」と話し、同社は「ドライバーの運転支援を通じて、安心安全な社会づくりに貢献していきたい」としている。

 県自動車販売店協会(横浜市)は「県警や販売店からの依頼があればぜひ協力したい」と話した。

訪れた報道陣に対し説明する県警職員と神奈川トヨタのスタッフら
訪れた報道陣に対し説明する県警職員と神奈川トヨタのスタッフら

さがみはら中央区版のトップニュース最新6

ごみが3700万円に

南清掃工場

ごみが3700万円に 経済

収入は施設補修費などへ

6月23日号

学ぶ場提供「自主夜間中学」

学ぶ場提供「自主夜間中学」 社会

鹿沼台で 元教員ら講師に

6月23日号

障害者が地元商店会応援

障害者が地元商店会応援 社会

矢部 ホームページ作成「働く場をもっと知って」

6月16日号

土地利用方針を策定

相模原駅北口地区

土地利用方針を策定 社会

キーワードは「つながり」

6月16日号

宇宙に親しむ9日間

はやぶさWEEK

宇宙に親しむ9日間 文化

市内各所でイベント開催

6月9日号

小田急延伸推進協が休止

上溝地区

小田急延伸推進協が休止 社会

新組織「にぎわい創出を」

6月9日号

参院選神奈川立候補予定者アンケ

神奈川県選挙区の立候補予定者にアンケートを実施。回答を政治の村サイトで公開中

https://seijinomura.townnews.co.jp/election/2022/sangiin-q.html

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 6月23日0:00更新

  • 6月16日0:00更新

  • 6月9日0:00更新

さがみはら中央区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2022年6月23日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook