神奈川県全域・東京多摩地域の地域情報紙

  • search
  • LINE
  • MailBan
  • X
  • Facebook
  • RSS

相模田名高校 「キャリア教育」文科相表彰

教育

公開:2023年2月9日

  • X
  • LINE
  • hatena
表彰状を持つ後藤教諭=2月3日、相模田名高校
表彰状を持つ後藤教諭=2月3日、相模田名高校

 相模田名高校(田名/都丸利幸校長)がこのほど、文部科学省が実施する第15回「キャリア教育優良教育委員会、学校及びPTA団体等文部科学大臣表彰」学校の部の受賞校に選ばれ、1月19日に表彰された。

 この表彰は、キャリア教育の充実発展に尽力し、顕著な功績が認められた教育委員会(教委)や学校、PTAをたたえるもので、各都道府県・指定都市教委からの推薦に基づき選定される。今年度、学校の部は全国で90団体、県内では同校が唯一表彰された。キャリア教育は文科省により「一人一人の社会的・職業的自立に向け、必要な基盤となる能力や態度を育てることを通して、キャリア発達を促す教育」と定義されている。

光る地域連携

 評価を受けたのは「地域連携」。同校では、部活動部員が果実を収穫したり吹奏楽やダンスなどを披露したりして地域と交流するPTA主催のキウイ収穫祭や、福祉委員会と近隣の福祉施設利用者、支援学校の生徒らとプレーを楽しむボッチャ交流試合、小中学・高校や地域住民らから美術作品を募り校内に展示するラウンジ展、料理同好会による田名公民館子ども食堂の調理補助といったさまざまな取り組みを実践。これらの活動を通じて生徒は学校外の人々とふれあい、他者理解や多様な視点、コミュニケーション能力、思いやりの心などを育んでいる。

 地域連携を担当する後藤南津恵教諭は「校内だけでなく地域とふれあうことで、主体性が身に付いている」と生徒の成長を実感する。また、「これほど地域に望まれている学校は他に無いのでは。生徒も地域活動をしたいという気持ちを強く持っている」と学校と地域との結びつきを強調する。同校の地域連携の取り組みは十年以上前から続いているという。

 都丸校長は表彰を受け「地域連携として進めていることがこのように評価されてうれしい。歴代の職員や生徒が一生懸命に取り組んできた成果。地域の方々やこれまでの学校関係者に感謝したい」と述べた。

さがみはら中央区版のローカルニュース最新6

壮行会で活躍誓う

パリ五輪・パラ

壮行会で活躍誓う

相模原ゆかりの選手ら

7月14日

アゴラ夏号

アゴラ夏号

7月13日

子どものための防災教室

子どものための防災教室

7月27日 横山公民館で

7月12日

「地域に恩返し」

「地域に恩返し」

OHANAの七夕まつり

7月11日

「北里」の偉業を紹介

「北里」の偉業を紹介

 新紙幣記念し銀行で展示

7月11日

毎日食べたい こだわり料理

新施設『ふれあいの杜』訪問レポート【1】

毎日食べたい こだわり料理

話題の「試食付き見学会」へ

7月11日

7月は「社会を明るくする運動」強調月間です

7月13日 SC相模原のホームゲームで啓発活動を実施(問)相模原市生活福祉課042-851-3170

https://www.city.sagamihara.kanagawa.jp/kosodate/fukushi/1026643/1006581.html

相模原で30年。

あなたの心を満たす明るい未来をイメージしながら 暮らしの中の「あったらいい」をカタチにしています

https://www.thirty-four.co.jp/

<PR>

あっとほーむデスク

  • 4月6日0:00更新

  • 3月30日0:00更新

  • 3月23日0:00更新

さがみはら中央区版のあっとほーむデスク一覧へ

バックナンバー最新号:2024年7月14日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook