神奈川県全域・東京多摩地域の地域情報紙

  • search
  • LINE
  • MailBan
  • X
  • Facebook
  • RSS

相模原市補正予算案 防災強化で「水の確保」 能登半島地震で課題判明

政治

公開:2024年6月13日

  • X
  • LINE
  • hatena
防災強化で「水の確保」

 相模原市は5月28日、市議会6月定例会議に2024年度一般会計補正予算案を提出した。予算総額は18億5800万円。能登半島地震の教訓を生かし、「水の確保」に重点を置き災害対策に取り組む。

 今回の補正予算案では、能登半島地震を契機に判明した課題に対応する防災関連経費に7123万円を計上した。

 市は能登半島地震の被災地を支援するため、1月以降複数回にわたって職員の派遣を行ってきた。市によると、現地での経験や見聞から災害時の新たな課題が判明し、防災関連経費の拡大に至ったという。

 市危機管理課は「被災地で水道が止まり、風呂やトイレを我慢せざるを得ない状況であったことから水の確保の重要性を実感した」と説明する。

 市民や事業所などが所有し、災害時に生活用水として使用される「相模原市災害時協力井戸」は現在69カ所登録されている。災害時協力井戸の水量を調査し、今後確保すべき水量を検討することなどを目的に、避難場所等整備事業に1778万円を計上した。

 生活用水だけでなく、火災発生に備えた消火用水の確保にも取り組む。市警防課は「消火栓は家屋の倒壊により破損したり、断水により使用できなくなったりする恐れがあるため、消火用水を貯めるためのタンクが必要」と話す。

 また消火用水および生活用水確保のための災害用貯水タンクを整備する消防活動費として859万円を計上した。

 さらに、消防部隊の通信手段確保のための通信施設維持管理費に2915万円、土砂流出やがれきなどの撤去を迅速に行うためのミニホイールローダーを配備する道路維持管理費に739万円を計上するなど、災害対策を拡充していく考えだ。

 このほか、相模大野ふれあい広場の返還に向けた整備費4133万円、コロナワクチン予防接種事業に関する経費8億3000万円、特別養護老人ホームなどの改修・ICT導入などにかかる補助金活用費9億24万円が含まれている。

さがみはら中央区版のトップニュース最新6

遺族の負担を軽減へ

相模原市

遺族の負担を軽減へ

「おくやみ窓口」29日から

7月18日

会員勧誘に壁 存続危機へ

交通安全協会

会員勧誘に壁 存続危機へ

キャッシュレス化の影響

7月18日

球児の舞台 整備に汗

サーティーフォー相模原球場

球児の舞台 整備に汗

好プレー 裏から支える

7月11日

「市民には大きな不利益」

「市民には大きな不利益」

「合議制裁判」求めシンポ

7月11日

区内から6校出場

高校野球開幕

区内から6校出場

チームカラー生かし勝利へ

7月4日

「北里」お祝いムード

新紙幣発行

「北里」お祝いムード

グッズや展示、割引など

7月4日

あっとほーむデスク

  • 7月18日0:00更新

  • 4月6日0:00更新

  • 3月30日0:00更新

さがみはら中央区版のあっとほーむデスク一覧へ

コラム一覧へ

さがみはら中央区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2024年7月24日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook