伊勢原版 掲載号:2012年2月24日号
  • googleplus
  • LINE

伊勢原市 市民団体と一緒に事業 提案型協働事業制度 市民主体のまちづくりへの可能性も

国際交流委員会の協働事業
国際交流委員会の協働事業

 伊勢原市は、今年1月から市民団体と市の協働事業を推進するための「提案型の協働事業制度」を開始した。現在までに3つの市民団体とイベント等の事業で協定を結び、実施または事業準備が進められている。

 この事業は、多様化・複雑化する市民ニーズに合わせて、人員や財政面などから行政だけでは対応できない問題に対して、特性ある市民団体と協力することで役割分担を行い、一緒に事業などを行っていくもの。市民団体には事業によっては会場使用料など費用面でのメリットもある。活発な市民活動で市民主体の「まちづくり」にも期待される。

 協働事業には市民が企画・立案する『市民提案型』、市が実施する事業に市民団体の協働を募集する『行政提案型』の2種類がある。どちらも市民を対象とする公益事業、市民団体の専門性を活かした事業などが対象で、市では子育て支援や防災講座、ボランティア育成などの様々な事業を想定している。営利目的や政治・宗教に関する活動は不可。対象団体は、【1】5人以上でメンバーの半分以上が市内在住・在勤・在学者【2】市内を拠点に活動する【3】運営規則があり、適正な会計処理がされている。上記のすべてを満たす団体となる。

 現在は、来年度スタートの行政提案型は無く、市民提案型の相談を市民協働課が受け付けている。

 1月28日には、制度スタート後、初の市民提案型協働事業として、市国際交流委員会の国際親睦事業「もちつき大会」が行われた。同事業では、行政が会場確保や事務局として連絡調整を担当。団体が事業計画の作成、当日の設営・運営などを行った。「会場費の負担が減り、内容充実に利用できた。今後は広報活動を強化したい」と国際交流委員会では話す。

 今後は、伊勢原飲食組合が2月29日に高齢者向けイベント「生き生きステージ」、3月には伊勢原ジュニアリーダーズクラブが講演会を協働事業で行う予定。

 市民協働課では「いせはら市民活動サポートセンターには、110の市民団体が登録されています。団塊世代の社会貢献意識も高まっており、様々な分野で協働できれば」と話す。

 また活発な事業推進を目指して、当面は提案時期等の期間・期限は設定しない。

 問い合わせは伊勢原市役所/【電話】0463・94・4711市民協働課
 

伊勢原版のトップニュース最新6件

森谷さん桑原さんが受賞

伊勢原高校

森谷さん桑原さんが受賞

2月16日号

防犯対策DVDの舞台に

泉心荘

防犯対策DVDの舞台に

2月16日号

創立70周年を祝う

秦野伊勢原歯科医師会

創立70周年を祝う

2月9日号

6位入賞をめざす

かながわ駅伝伊勢原市チーム

6位入賞をめざす

2月9日号

齋藤朱さんが優秀賞

かながわ夢絵コンテスト

齋藤朱さんが優秀賞

2月2日号

『おおやまみち』で地域振興

伊勢原版の関連リンク

あっとほーむデスク

伊勢原版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年2月16日号

お問い合わせ

外部リンク