伊勢原版 掲載号:2014年5月9日号 エリアトップへ

伊勢原市 クルリン窓口開設 行政サービスをワンストップ化

掲載号:2014年5月9日号

  • LINE
  • hatena
窓口のイメージ
窓口のイメージ

 伊勢原市は5月7日、戸籍住民課・保険年金課・介護高齢福祉課の行政サービスをまとめて受け付ける総合窓口「クルリン窓口」を開設。複数の行政サービスを一カ所で行える「窓口のワンストップ化」をスタートさせた。

 伊勢原市役所で受け付ける届出等は1日平均50〜80件、多い時期で200件以上になる。混雑はもちろん、手続きによっては課を跨ぐこともあり、複数の窓口を行き来することも珍しくなかった。

 総合窓口により、転入・転出をはじめ、出生、印鑑登録、住基カードの申請などがワンストップでできるほか、国民健康保険や後期高齢者医療制度、介護保険などの申請をワンストップ化することで、高齢者が複数の窓口を行き来する負担を減らすことが狙い。今回、ワンストップ化が実現しなかった申請作業などについては、回る窓口の順番を記した紙を渡すことでスムーズな申請作業ができるようにするという。

 今回の総合窓口設置は、利用者の声はもちろん、2016年の開始を予定しているマイナンバー制度を見据えての動きのひとつ。

 制度導入により内部システムの入れ替えが予想されることから、今回のワンストップ化では従来のシステムがそのまま利用できる課と業務のみに留めた。

 またクルリン窓口開始に合わせて、総合窓口業務は業務委託が行われる。フロア案内・窓口受付の業務委託料は年間で約1140万円。既存の職員数を2名減らすことができ、これにより年間ベースで約1800万円の人件費削減が見込まれるという。また、窓口の改修費用などが約1440万円、年約240万円の6年リースとなる。電気設備の改修工事が約140万円(初年度のみ)。

 市戸籍住民課によると、初年度で約280万円の経費削減。来年度からは電気設備改修工事費分が上乗せされ約420万円、リースが終了する頃には年間で約660万円が現在よりも経費が削減されるという。

 問い合わせは伊勢原市役所/【電話】0463・94・4711戸籍住民課。

伊勢原版のトップニュース最新6

福田・森崎ペアが3位に

全国小学生バドミントン

福田・森崎ペアが3位に スポーツ

女子ダブルス5年生以下

1月28日号

災害時にドローン活用

伊勢原市

災害時にドローン活用 政治

NPOと協定締結

1月28日号

小学生の頂点決まる

いせはら独楽チャン

小学生の頂点決まる 教育

比々多小が団体で3連覇

1月21日号

新戦力加入で大幅補強

湘南ベルマーレ

新戦力加入で大幅補強 スポーツ

新シーズンへ体制発表

1月21日号

日照り十分 順調な年

大山阿夫利神社

日照り十分 順調な年 文化

伝統の筒粥神事

1月14日号

杉山兄弟が上位独占

ロボットコンテスト

杉山兄弟が上位独占 社会

初出場の目視部門で栄冠

1月14日号

あっとほーむデスク

  • 1月1日0:00更新

  • 12月24日0:00更新

  • 11月19日0:00更新

伊勢原版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2022年1月28日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook