伊勢原版 掲載号:2014年12月19日号 エリアトップへ

衆院選16区 後藤氏が小選挙区奪還 義家氏は比例で復活当選

政治

掲載号:2014年12月19日号

  • LINE
  • hatena
ダルマに目を入れる後藤氏(左)=写真は厚木事務所
ダルマに目を入れる後藤氏(左)=写真は厚木事務所

 第47回衆議院議員総選挙は12月14日の投開票で実施され、小選挙区神奈川16区(伊勢原市・厚木市・愛川町・清川村・相模原市の一部)は民主党前職の後藤祐一氏(45歳)が自民党前職の義家弘介氏(43歳)に競り勝ち、小選挙区の議席を奪還した。義家氏は比例区で復活当選を果たした。共産党新人の池田博英氏(52歳)は及ばなかった。

 後藤氏は安倍政権への「怒り結集」をスローガンに選挙戦へ。母校の厚木高校OBによる支援活動も強く、終盤には前回衆院選で日本維新の会から出馬した富山泰庸氏も応援に駆け付けた。後藤氏は伊勢原市、愛川町、清川村、相模原緑区で義家氏にリードを許すも、厚木市で2421票、相模原市南区790票と都市部での票が義家氏を上回り、1489票の差で小選挙区に返り咲いた。

 今回も前回同様、自民・民主2人の候補者による大接戦。小選挙区最後の議席となった神奈川16区、日付の変わった0時28分にテレビから「当選確実」が報じられると、厚木市中町の事務所は歓喜に包まれた。

 後藤氏は拍手で出迎えた約100人の支援者を前に「安倍総理に対案を持ってブレーキをかけ、もう少し温かい社会を作ります。地元の苦しい声を聞いて国会に届け、法案にしていく」と決意を述べた。比例復活で涙を流した前回と違い、冷静な語り口だった。

心新たに一から

 一方、午後10時頃の比例区当確から、小選挙区での議席獲得をめざした義家氏。「後藤氏・当選確実」の知らせに、市内伊勢原の選挙事務所では大きなため息がもれ、涙する支援者の姿もあった。1時20分頃、伊勢原に駆け付けた義家氏は、まだショックを隠せない表情。「皆様の力と思いを頂きながら、自分の力不足で未来をしっかり説明できなかったことがすべて。引き続き愛する街を作っていくチャンスを頂けること、心新たに一から頑張っていきます」と挨拶。事務所に残った40人以上の支援者一人ひとりと「すいませんでした。また一からやり直します」と握手を交わした。

 池田氏は前回より得票数を伸ばしたが及ばず。「2年前よりも反応が良かった。若い人が頑張れと手を振ってくれた」と手応えを感じた様子だった。

 市内投票率は前回総選挙より3・89ポイント低い55・17%だった。

支援者に挨拶する義家氏伊勢原事務所にて
支援者に挨拶する義家氏伊勢原事務所にて

伊勢原版のトップニュース最新6

再開発へ新たな船出

伊勢原駅北口

再開発へ新たな船出 政治

準備組合が設立

11月26日号

65歳以上 1月に発送へ

ワクチン3回目接種券

65歳以上 1月に発送へ 経済

給付金「迅速かつ確実に」

11月26日号

素人落語家が集結

素人落語家が集結 文化

28日に初の大会実施へ

11月19日号

大澤日菜さんが最優秀賞

県文化財保護ポスター事業

大澤日菜さんが最優秀賞 教育

1年生に続き2回目

11月19日号

防災情報など地図表示

伊勢原市

防災情報など地図表示 経済

国交省のシステム活用

11月12日号

東日本大会に出場へ

軟式野球伊勢原クラブ

東日本大会に出場へ スポーツ

市内5中学の選抜チーム

11月12日号

あっとほーむデスク

  • 11月19日0:00更新

  • 4月30日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

伊勢原版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年11月26日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook