伊勢原版 掲載号:2015年1月23日号 エリアトップへ

2014年救急搬送 半数は軽症 消防本部「119番の適正利用を」

社会

掲載号:2015年1月23日号

  • LINE
  • hatena

 市消防本部はこのほど「平成26年中伊勢原市火災・救急・救助等概要」をまとめた。これによると、昨年の救急件数は4524件にのぼり、2007年以来、8年連続で最多を更新したことが分かった。救急車を本当に必要としている人がいるなか、急を要さない軽症者からの119番通報も目立つといい、消防本部では救急車の適正利用を呼びかけている。

 市では消防本部(伊勢原)・南分署(下谷)・西分署(三ノ宮)に救急隊員3人がそれぞれ24時間態勢で常駐し、日々の救急要請に備えている。救急車は各署と消防本部の予備車を合わせて4台ある。

 消防本部によると、昨年救急車が現場急行した4524件のうち、実際に医療機関へ搬送されたのは4232件。不搬送となった292件の中には「早く医者に診てもらいたいから」、「交通手段がないから」といった不適正利用も少なくなかったという。

 救急件数が年々増加するからといって、現場の隊員が増員されるわけではない。 そこで消防本部では、司令室に通報があった際、傷病の状況を詳細に聞くなどして緊急性を見極めている。だが、通報があれば現場へ向かうのが原則のため、本部では救急車の適正利用を呼びかけている。

 昨年搬送された4232件のうち、入院を必要としない、いわゆる「軽症」者は約半数の2040件。

 「本当に救急車を必要とする人のことを考えれば、なるべく119番を使わず自力で病院に行ってもらうのが理想と言わざるを得ません」。警防救急課の千葉崇消防士長はそう話す。

 一方、4232件のうち65歳以上の搬送が2304件と全体の54・4%を占め、この割合は年々増加している。千葉消防士長は「腰を痛めた妻を起こすことができない、という年配男性からの通報もありました。そういうケースの場合、軽症とはいえ救急車が必要」とし、「ためらわずに119番を」と話している。

伊勢原版のトップニュース最新6

感染情報をWebで公開

東海大学開発チーム

感染情報をWebで公開 社会

市区町村単位で見える化

7月30日号

国交大臣から認定証

成瀬活性化委員会

国交大臣から認定証 社会

手づくり郷土賞受賞で

7月30日号

東京オリンピック出場へ

東京オリンピック出場へ スポーツ

伊勢原出身の4選手

7月23日号

まちの将来像 市民が議論

まちの将来像 市民が議論 政治

次期総合計画策定に向け

7月23日号

学生が観戦イベント考案

産業能率大学

学生が観戦イベント考案 教育

マネジメントの体験授業

7月16日号

市内8郵便局と連携

伊勢原市

市内8郵便局と連携 社会

4事業で包括協定締結

7月16日号

あっとほーむデスク

  • 4月30日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

  • 10月23日0:00更新

伊勢原版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年7月30日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter