伊勢原版 掲載号:2015年1月23日号 エリアトップへ

「道灌を大河に」市民運動 2020年に向け署名2万人めざす

文化

掲載号:2015年1月23日号

  • LINE
  • hatena
活動を続ける実行委員会のメンバー(市役所の道灌像前で1月17日)
活動を続ける実行委員会のメンバー(市役所の道灌像前で1月17日)

 「NHKの大河ドラマに太田道灌公を誘致しよう」―。そんな市民運動が広がりをみせている。昨年7月に発足した「太田道灌を大河ドラマに!推進実行委員会」(三上利栄委員長)が各地で呼びかけを行い、今月までに街頭署名は4千人を突破した。実行委員会では2020年のドラマ化を目指しており、2月には日本放送協会へ署名を届ける予定。

 1486年に伊勢原の地で没した太田道灌は、江戸城を築いたことで知られる。また、関八州で戦を繰り広げたことから関東地方を中心に知名度は高く、実行委員会によると、雄姿をかたどった銅像は伊勢原市役所前をはじめ東京都・埼玉県・静岡県・長野県に計11体建てられているという。

 そんな地元ゆかりの武将をドラマ化し「伊勢原のまちおこしに役立てよう」と考えたのが実行委員会のメンバーたち。「いせはら観光ボランティアガイド&ウォーク協会」、「いせはら生涯学習ボランティア協会」、「伊勢原手作り甲冑隊」、「いせはら市民大学」、「太田道灌公墓前祭実行委員会」の有志を中心に昨年7月、実行委員会が発足した。観光ボランティアガイド&ウォーク協会の会長を務める三上利栄さん(82歳/写真後列右)が委員長に就任し、市との協働事業として活動がスタートした。

8月には総決起集会

 東京オリンピック・パラリンピックが開催される2020年の放送をめざし、昨年10月の伊勢原観光道灌まつりから署名運動を開始。市内だけでなく付き合いのある県外の団体・個人にも声をかけた結果、1月16日までに14都府県から4014人分の署名が集まった。市、教育委員会、観光協会、商工会、農業協同組合など市内の賛同団体も20を超えた。

 三上会長によると、大河ドラマの主人公は放送の3年前に決まるため、署名運動は17年の1月ごろまで続ける方針。「2万人を目標に頑張ります」とメンバーたちは口をそろえる。

 今後、実行委員会では1月28日に伊勢原駅周辺で署名運動を行い、2月中に集まった署名を日本放送協会に届ける予定。8月2日には「大河ドラマ〜市民の総決起集会」を開き、実行委員会の取り組みを広く周知し、賛同者を募る。

 「多くの方々のお力をお借りして、大河ドラマ化を必ずや実現したい」と三上委員長。大きな目標にむけた挑戦が続く。

伊勢原版のトップニュース最新6

65年の活動に幕

伊婦連

65年の活動に幕 文化

今後は地域ごとに継続

5月29日号

高山氏が立候補表明

伊勢原市長選挙

高山氏が立候補表明 政治

コロナ、災害対策に意欲

5月29日号

郵送申請 28日から支給へ

特別定額給付金

郵送申請 28日から支給へ 政治

世帯主に書類発送

5月22日号

県協力金に10万円上乗せ

伊勢原市

県協力金に10万円上乗せ 経済

経済対策で事業者支援

5月22日号

謎解きゲームを自宅で

謎解きゲームを自宅で 社会

市職員ら企画  HPで公開

5月15日号

国交大臣表彰を受賞

成瀬活性化委員会

国交大臣表彰を受賞 社会

「みどりの愛護」功労者で

5月15日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 4月24日0:00更新

  • 4月10日0:00更新

  • 1月24日0:00更新

伊勢原版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年5月29日号

お問い合わせ

外部リンク