伊勢原版 掲載号:2015年6月26日号 エリアトップへ

伊勢原市消防 救急医療の連携を 東海大医学生が同乗実習

社会

掲載号:2015年6月26日号

  • LINE
  • hatena
救急隊との研修作業
救急隊との研修作業

 伊勢原市消防本部(吉川敏勝消防長)で6月17日、東海大学医学部6年生による救急車同乗実習が実施された。学生は伊勢原・秦野市の両消防で1日ずつ実習を行い、将来の救急医療現場に生かしていく。

 今回行われた同乗実習は、救急救命医学教育の一環として同大学と伊勢原市・秦野市の両消防本部が連携して行っているもの。

 実際の救急現場を学び、現場での救急隊員の活動を知る事で、救急医療に必要な救急隊員との連携を意識づけることを目的に1994年から実施されている。

 今年も6年次に救命救急を選択した学生17人が4月20日から7月1日までの期間で計2日間の実習に参加。24時間勤務で救急隊員と一緒に現場出動はもちろん、車両・資機材の点検、想定訓練、活動要領の説明、施設見学などを行った。

待つだけでなく繋ぐ大切さを実感

 17日に伊勢原署に勤務となった緒方綾子さん(28歳)は、総合診療科医をめざす学生。すでに秦野での勤務を終えて2度目の実習日となった。「救急隊の皆さんは、患者さんだけでなく、家の状況などもしっかり確認しています。勉強になりました」と話す。今までは病院で待つから、実習で搬送までの経験。より考えるきっかけになったという。

 伊勢原市は現在、3隊編成で救急業務にあたっている。2014年中の救急件数は4524件で、搬送人員は4232人。救急支援出動は517件と、ここ数年、前年を上回る件数で推移している。伊勢原市消防本部警防救急課の倉田広志さんは「通報から搬送まで安全を第一に考え、患者さんが何をしてほしいかを考えて搬送しています」と話す。研修に同乗した伊勢原市消防本部救急係では「医学知識のある方に同乗して頂けることで勉強になります。お互いの仕事を理解して、今後も協力していければ」と話した。

 今後は研修医として当直を行うこともあるという緒方さん。「実習で繋げることの大切さを感じました。現場の方に敬意を払い、『どんなに大変でも、患者さんはもっと大変な思いをしていることを忘れるな』という先生の言葉を心に刻んで頑張りたい」と話した。

伊勢原版のトップニュース最新6

県道603号が一部開通

県道603号が一部開通 社会

関係者、住民らで式典

7月19日号

北條さんが“県民の警察官”

大山駐在所

北條さんが“県民の警察官” 社会

長年の山岳救助など評価

7月19日号

世界トップ選手が集結

クレー射撃

世界トップ選手が集結 社会

大山観光でおもてなし

7月12日号

大山に丸型ポスト移設

大山に丸型ポスト移設 文化

国際観光PRに活用

7月12日号

引揚救助で関東へ

市消防本部

引揚救助で関東へ 社会

3年ぶり全国目指す

7月5日号

市制50周年へ向け議論

市制50周年へ向け議論 政治

キャッチフレーズ候補を検討

7月5日号

7月から公共施設有料化

7月から公共施設有料化 政治

経費の一部 利用者負担

6月28日号

あっとほーむデスク

  • 5月17日0:00更新

  • 5月1日0:00更新

  • 4月19日0:00更新

伊勢原版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

大納涼まつりに行こう

大納涼まつりに行こう

27日・28日 伊勢原大神宮

7月27日~7月28日

伊勢原版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

伊勢原版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年7月19日号

お問い合わせ

外部リンク