伊勢原版 掲載号:2015年7月31日号 エリアトップへ

「日本遺産」登録へ始動 基本構想策定委 きょう発足

文化

掲載号:2015年7月31日号

  • LINE
  • hatena
観光客を迎える大山のアーチ
観光客を迎える大山のアーチ

 地域活性化や観光振興などを目的に文化庁が今年度からスタートさせた「日本遺産」の認定事業。伊勢原市では今日31日に「市歴史文化基本構想策定委員会」を発足させ、大山を中心とする包括的な歴史・文化遺産の登録を目指す。

 「日本遺産」は、地域に点在する有形・無形の文化財を題材に一つの物語を作り、これを認定するもの。地域の遺産や文化財、歴史、自然を線でつなぎ、それらを言葉にすることで地域のアピール力を高めるのが主な狙い。

 認定事業は今年度からスタートし、これまでに18件を登録。神奈川県内の登録はまだない。文化庁では東京五輪・パラリンピックに合わせ2020年までに100件の登録を目指す。

 伊勢原市では6月定例会の一般質問で小沼富夫議員が、高山松太郎市長に日本遺産について質疑。高山市長は、伊勢原の知名度向上、経済活性化を視野に「日本遺産へのより早期の登録を目指す」と表明した。

識者ら17人で構成

 現在、市には教育部に歴史文化推進担当が置かれ、申請準備を進めている。来年1月から始まる申請に先がけて市は、まちづくりに向けた文化財の保護・活用の指針となる「歴史文化基本構想」を作るための策定委員会を発足させる。

 委員には鈴木良明氏(鎌倉国宝館館長)、川島敏郎氏(元高校教諭)、清水擴氏(東京工芸大学名誉教授)など各方面の識者をはじめ、比々多神社宮司の永井治子氏、日向薬師住職の内藤京介氏、大山阿夫利神社宮司の目黒仁氏、大山寺の常住・篠宮聖尚氏など17人が就任する。

 今後、市では策定委員会で示される基本構想をもとに、大山を中心とした伊勢原の魅力を伝える歴史と文化の物語を編んでいく。認定審査の結果は来年4月ごろ判明する予定。

 伊勢原市は県のバックアップを受けながら、横浜・箱根・鎌倉に次ぐ第4の国際観光地を目指している。今年6月にはフランスのタイヤメーカー、ミシュランが発行する旅行ガイドブック「ミシュラン・グリーンガイド・ジャポン」改訂第4版(仏語)に大山が「一つ星」で紹介されるなど、広く注目を集めている。 

 山口譲歴史文化推進担当部長は「各方面で伊勢原が取り上げられるのは、日本遺産登録への強い追い風」と話し、「登録を実現させ『日本に伊勢原あり』を国内外に発信していきたい」と意気込みを語った。

伊勢原版のトップニュース最新6

プレミアム商品券を販売

商連

プレミアム商品券を販売 経済

割増し率30% 消費喚起に

12月3日号

文科大臣表彰を受賞

市スポーツ少年団

文科大臣表彰を受賞 スポーツ

青少年の健全育成に寄与

12月3日号

再開発へ新たな船出

伊勢原駅北口

再開発へ新たな船出 政治

準備組合が設立

11月26日号

65歳以上 1月に発送へ

ワクチン3回目接種券

65歳以上 1月に発送へ 経済

給付金「迅速かつ確実に」

11月26日号

素人落語家が集結

素人落語家が集結 文化

28日に初の大会実施へ

11月19日号

大澤日菜さんが最優秀賞

県文化財保護ポスター事業

大澤日菜さんが最優秀賞 教育

1年生に続き2回目

11月19日号

あっとほーむデスク

  • 11月19日0:00更新

  • 4月30日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

伊勢原版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年12月3日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook